コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーピン レーピン Repin, Il'ya Efimovich

6件 の用語解説(レーピンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーピン
レーピン
Repin, Il'ya Efimovich

[生]1844.8.5. ロシア,チュグーエフ
[没]1930.9.29. フィンランド,クオカラ
ロシアの画家。1864年サンクトペテルブルグ美術アカデミーに入学。1871年奨学金を得てフランスイタリアを旅行。帰国後,当時のナロードニキ思想の影響のもとにロシア社会を描写し,1878年移動展派に参加,同派の中心的画家として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レーピン(Il'ya Efimovich Repin)

[1844~1930]ロシアの画家。大胆なリアリズムで社会の矛盾を描き、民衆の啓蒙(けいもう)のために各地で展覧会を開いた移動派の中心的人物となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レーピン

近代ロシア絵画の巨匠。ウクライナのチュグエフ生れ。ペテルブルグで学び,1873年―1876年,フランスとイタリアに留学。リアリズムを目ざす進歩派グループ移動展派Peredvizhniki〉の一人で,歴史画,肖像画にすぐれ,代表作《ボルガの船曳き人夫》(1870年―1873年,サンクト・ペテルブルク,ロシア美術館蔵)は労働のきびしさと社会体制に対する批判をこめて社会主義リアリズムの先駆となった。
→関連項目セローフボルガ[川]レビタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レーピン【Il’ya Efimovich Repin】

1844‐1930
ロシアの画家。〈移動展派〉の主要作家。ハリコフに近いチュグエフ村に生まれる。1863年クラムスコイに師事。翌年よりペテルブルグの美術アカデミーに学ぶ。《ボルガの舟曳き人夫》(1873)によって認められ,73‐76年ウィーン,イタリア,パリに遊学。帰国後6年間アブラムツェボ派に属し,外光描写により故郷の農民の人間的魅力を描いた一連の傑作を残すが,絵画による社会批判を好まぬこの派とは決別。ペテルブルグに行き,ロシアの全階級の実態を描いた画期的な群像画《クルスク県の聖行列》(1883)を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レーピン【Il'ya Efimovich Repin】

1844~1930) ロシアの画家。芸術を通じて民衆を啓蒙するための移動展覧会連合の中心的存在。代表作「ボルガの舟曳き」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーピン
れーぴん
Илья Ефимович Репин Il'ya Efimovich Repin
(1844―1930)

ロシアの画家。ウクライナのハリコフ近郊チュグーエフに屯田兵の子として生まれる。幼少より画才に恵まれ、16歳のときには聖像画家組合に属してウクライナ各地を旅して聖像画を描いた。1863年、自ら稼いだ金をもってサンクト・ペテルブルグへ赴き、画家クラムスコイを知り、翌年から美術アカデミーに学ぶ。71年『ヤイルの娘の復活』で金メダルを受けて卒業。この間『ボルガの舟曳(ひ)き』を描く。73年イタリアを経てパリへ行き、留学中のポレノフ、サビツキーらと交友する。78年移動派展に『補祭長』を出品、話題となった。歴史画家スリコフの影響を受け、『皇女ソフィヤ』『イワン雷帝と息子イワン』『ザポロージエのコサック』などの大作をはじめ、ムソルグスキーなど有名人の肖像画を描いた。移動派の有力メンバーであったが、最終的には協会の独善的な運営に反発して脱会した。91年の秋、モスクワとペテルブルグで大個展を開いて成功を収め、美術アカデミーの教授に迎えられた。1900年には当時のフィンランドのクオカラ(現ロシア連邦領レーピノ)に移り、創作に励んだ。17年の革命を受け入れず、宗教的テーマを描き続け、当時のソ連当局による帰国要請を断り、86歳の長い生涯を同地に終えた。今日、その主要作品はロシアの美術館を飾り、19世紀リアリズム絵画の巨匠として高く評価されている。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーピンの関連キーワードクラムスコイシーシキンスリコフセローフペローフ移動展派ロシア国民楽派労農ロシアロシアの恋人ロシアの主要政党

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーピンの関連情報