ロタール1世(読み)ロタールいっせい(英語表記)Lothar I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ロタール1世」の解説

ロタール1世
ロタールいっせい
Lothar I

[生]795
[]855.9.29. プリュム
カロリング朝時代の西ローマ皇帝 (在位 840~855) 。カルル1世 (大帝) の孫。ルートウィヒ1世 (敬虔王)と最初の夫人との間に生れた長子。初め父と帝国の共治者となったが,異母弟カルル (のちの西フランク王カルル2世〈禿頭王〉) との所領問題で父王に反逆 (829~833) 。 840年父王の死後フォントネーの戦いで弟たちに敗れた (841) 。ベルダン条約 (843) で皇帝の称号は得たが,帝国は3分され,みずからは北イタリア,ブルグンド,ロタリンギアを得た。以後,帝国の共同支配体制が始った。 843~845年ノルマンの侵入に悩まされ,領地を3子に分割して没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android