コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタール1世 ロタールいっせいLothar I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタール1世
ロタールいっせい
Lothar I

[生]795
[没]855.9.29. プリュム
カロリング朝時代の西ローマ皇帝 (在位 840~855) 。カルル1世 (大帝) の孫。ルートウィヒ1世 (敬虔王) と最初の夫人との間に生れた長子。初め父と帝国の共治者となったが,異母弟カルル (のちの西フランク王カルル2世〈禿頭王〉) との所領問題で父王に反逆 (829~833) 。 840年父王の死後,フォントネーの戦いで弟たちに敗れた (841) 。ベルダン条約 (843) で皇帝の称号は得たが,帝国は3分され,みずからは北イタリア,ブルグンドロタリンギアを得た。以後,帝国の共同支配体制が始った。 843~845年ノルマンの侵入に悩まされ,領地を3子に分割して没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロタール1世の関連キーワードルートウィヒ(2世)(東フランク国王)ルートウィヒ2世(ドイツ王)ルートウィヒ1世(敬虔王)総合年表(ヨーロッパ)シュトラスブルクの盟約ロタール2世(3世)カルル2世(禿頭王)ルートウィヒ[1世]クロタール[2世]フォルトゥナトゥスダゴベルト(1世)ブルグント(民族)ステリンガの反乱エウゲニウス2世ロタール(1世)グレゴリウス4世ロタール[2世]セルギウス2世パスカリス1世ブルグンド王国