コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドリーゴ Rodrigo, Joaquín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロドリーゴ
Rodrigo, Joaquín

[生]1901.11.22. サグント
[没]1999.7.6. マドリード
スペインの作曲家。病気のため 3歳で失明した。パリでポール・デュカース,マヌエル・デ・ファリアに作曲を学ぶ。1940年にギターと管弦楽のための『アランフェス協奏曲』Concierto de Aranjuezを発表し,非常に高い評価を得た。1948年マドリード大学の音楽史の教授に就任,現代音楽の普及に尽くした。代表作に,ギターと管弦楽の『ある貴紳のための幻想曲』Fantasía para un gentilhombre(1954)や『アンダルシア協奏曲』Concierto Andaluz(1967)などがある。協奏曲のほかにギター曲,ピアノ曲,歌曲などで優れた作品を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロドリーゴ

スペインの作曲家,ピアノ奏者。バレンシア地方のサグントに生まれる。幼くして楽才をみせるが4歳で失明。地元の音楽院で作曲とピアノを学び,1927年からパリのエコール・ノルマルでデュカースに師事。
→関連項目アランフェスイェペス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ロドリーゴ

20世紀のスペインを代表する盲目の作曲家、ピアニスト。スペイン東部のサグントに生まれた。3歳のときに悪性ジフテリアにかかり失明するが、幼少時から音楽教育を受け、早くから楽才を示した。地元バレンシアの ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロドリーゴ
ろどりーご
Joaqun Rodrigo
(1902―1999)

スペインの作曲家。3歳で失明。バレンシア、パリで音楽教育を受け、1939年からマドリードに定住、数多くの賞や栄誉を得た。有名な『アランフェス協奏曲』(1939)に聴かれるように、新古典主義的な様式を基にスペインの地方色で飾ったような作風で、よきスペインの村を喚起させるような穏やかな響きをもっている。ファリャほどには民族主義的傾向が激しくない。作品にはギターを用いたものが多く、『ある貴紳のための幻想曲』(1954)、『アンダルシア協奏曲』(1967)、『マドリガル協奏曲』(1968)などがある。73年(昭和48)には来日した。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロドリーゴの関連キーワードロドリーゴ:早起き鶏への前奏曲/piano soloロドリーゴ:秋の子守歌/piano soloロドリーゴ:バガテル/piano soloロドリゴ(Joaquín Rodrigo)ディートリヒ フィッシャー・ディースカウボルジア家 愛と欲望の教皇一族ドミトリー ホロストフスキーアランフェスの王宮パストラル協奏曲わがシッドの歌ブルゴス大聖堂スペイン音楽スペイン演劇スペイン文学セルバンテスエル・シッド田園風協奏曲マンリーケボルジャ家ボルジア家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロドリーゴの関連情報