コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロムルス ロムルス Romulus

翻訳|Romulus

5件 の用語解説(ロムルスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロムルス(Romulus)

伝説上のローマの建国者。軍神マルスの子で双生児の兄。弟のレムスとともに狼(おおかみ)に育てられ、協力してローマを建設したが、のちに争ってレムスを殺した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロムルス

伝説的なローマの建国者で初代の王。レムスRemusと双生の兄弟。叔父のアルバアムリウスによって兄弟はテベレ川に捨てられたが,牝狼に育てられた。レムスが祖父の家畜を盗もうとしてアムリウスに捕らえられ,ロムルスは助けにいって自分たちの生れを知り,叔父を殺して祖父を王位に復位させた。
→関連項目アエネアスマルス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロムルス【Romulus】

前753年にローマを創建したとされる伝説上の王。伝承によれば,アルバ王ヌミトルNumitorは弟アムリウスAmuliusに王位を奪われ,王女レア・シルウィアRhea Silviaから生まれた双生児,すなわちロムルスとレムスRemusは川に流された。しかし双子は牝狼に乳を授けられ,羊飼いに養育されて成長した。やがて,ヌミトルを王に復位させた双子は,ローマに新しい都市を建てることにしたが,争いが生じ,レムスは殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロムルス【Romulus】

紀元前753年にローマを創建したとされる伝説上の初代のローマの王。双生児の弟レムス(Remus)とともに捨てられ、牝狼おおかみの乳で育ち、協力してローマを建設。神聖な城壁を越えたレムスを殺し、三十余年にわたり統治したといわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロムルス
ろむるす
Rmulus

ローマを建設し、初代の王となった伝説的英雄。ローマの名は、自らの名を冠してつけたとされる。トロヤの英雄アイネイアスアエネアス)の血統を継ぐアルバ・ロンガの王ヌミトルの娘レア・シルウィアと、軍神マルスとの間に生まれ、レムスとは双子の兄弟である。
 ヌミトル王の弟アムリウスは兄の王権を奪い、姪(めい)であるレアが子供を産むのを恐れて彼女をウェスタの巫女(みこ)にするが、彼女は森でマルスに犯されて、ロムルスとレムスの双子を出産する。アムリウスはこれを知ってレアを殺し、子供たちをティベル河岸に捨てるが、2人は牝(めす)の狼(おおかみ)に乳を与えられ、やがて牧人のファウストゥルスに拾われて養われ、成長する。ある日レムスがアムリウスの家畜を奪って捕らえられると、ファウストゥルスから自分の素性を聞いたロムルスは、アルバに直行してアムリウスを討ち、父を王に復帰させた。その後ロムルスとレムスはローマの地に新都市建設を計画するが、用地の選択をめぐって争い合い、鳥占いに審判をゆだねる。レムスが六羽、ロムルスが12羽の鷹(たか)を見たことから、ロムルスが神によって是認され、未来の都市の境界を定めたが、レムスがそれを無視したためにロムルスは怒って彼を殺した。
 こうしてロムルスは支配者となるが、女性不足で新都市の人口が減少すると、隣国のサビニ人をコンススの祭りに招き、彼らの多くの娘を略奪した。怒ったサビニ人はティトゥス・タティウス王を先頭にローマに攻め込むが、ユピテル(ローマの神界の主神)の助けを受けたローマ人の前に敗北してしまう。しかしロムルスは、タティウス王にもローマの支配権を与えて共同で統治し、タティウスの死後は1人でローマとサビニの両民族を長く支配した。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロムルスの言及

【アエネアス】より

…それによれば,父と家の守り神を背負い,一子アスカニウスAscaniusの手を引いて都を落ちた彼は,多数のトロイア人を率いて航海に出,シチリア島で父を亡くしたあと,漂着したカルタゴでは女王ディドの恋人となるが,やがて彼女を見捨ててイタリアに上陸,ラウィニウムを建設したという。のちアスカニウスはアルバ・ロンガを建設し,その子孫ロムルスがローマの建国者となった。【水谷 智洋】。…

【クイリヌス】より

…祭日は2月17日で,他の2神と同様,独自の神官を有した。彼は一般にローマ初代の王ロムルスと同一視されたが,本来は古くクイリナリスQuirinalisの丘に定住していたサビニ人(町の名はクレスCures)の軍神で,のちこの丘がローマに統合されたとき,ローマの国家神に加わったものと考えられる。祭式についてはなにも伝わらない。…

【乳】より

…北欧神話エッダ中の巨人ユミルは乳牛アウズムラの乳に養われた。ローマ建国の祖でその名を国名に残したロムルス,レムスの双生児は,半獣神ファウヌスの洞穴に住む雌オオカミに拾われてその乳で養育された。日本にも,《今昔物語集》巻十九に捨てられた生後10日余の男児が大きな白犬の乳で生命をつなぐ話がある。…

【ユピテル】より

…また将軍はここで犠牲を捧げてから遠征に出発し,大勝利をおさめて帰還したときの凱旋式も,この神殿における儀式で幕を閉じるならわしであった。カピトリヌス丘上にはさらに,ローマ初代の王ロムルス(前8世紀後半)が戦利品を捧げて神殿の奉献を誓ったと伝えられるユピテル・フェレトリウスJupiter Feretrius(フェレトリウスは〈戦利品を運ぶ者〉とも〈敵を撃つ者〉とも解される)がローマ最古の神殿にまつられており,パラティヌスの丘にはユピテル・スタトルJupiter Stator(〈支える者〉)の神殿があった。このユピテルについても,サビニ人との戦いの最中に,祈りにこたえて味方の敗走をくいとめてくれたお礼にロムルスが神殿を奉献したとの伝承があるが,実際に神殿が建造されたのは前3世紀初頭のことらしい。…

【ローマ】より

…そのうえローマ人は民族的誇りから自民族の歴史をギリシアの神話と結びつける傾向が強く,そこからトロイア起源説とアエネアス伝説がつくり出された。それによるとアエネアスの子孫のロムルスとレムスという双子の兄弟の前者が初代の王となり,これに続いて,ヌマ・ポンピリウス,トゥルス・ホスティリウス,アンクス・マルキウス,タルクイニウス・プリスクス,セルウィウス・トゥリウスおよびタルクイニウス・スペルブスの6人の王が立ったという(ローマ七王)。伝説はローマの建設を,前814,前753,前751,前748,前729年などと伝えている。…

【ローマ神話】より

…彼に恋した女王は彼を永久に自分のもとにとどめようとするが,イタリアに新トロイア建設の使命を自覚した彼は,彼女を振り切ってこの土地をあとにする。イタリアはクマエに上陸し,この地の有名な巫女シビュラの導きで冥界に下り,ロムルスやアウグストゥス帝など未来のローマの運命を担う人物たちの霊を見る。 地上に戻ったアエネアスはいよいよラティウムまでやって来る。…

※「ロムルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロムルスの関連キーワードエトルリア人カミルスパレスローマ七王シビュラ坂上田村麻呂(758〜811)創建法隆寺月山卯年御縁年禅鑑(1)ルクレティア

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロムルスの関連情報