コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロレーン ロレーンLorain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロレーン
Lorain

アメリカ合衆国,オハイオ州北部の都市。エリー湖南岸クリーブランドの西 40kmのブラック川河口にある。 1836年建設されたが,その後一時衰退。 72年南東のオハイオ炭田に鉄道が通じてから回復し,74年フランスのロレーヌ地方にちなんでロレーンと名づけられた。 90年鉄鋼会社が設立されて以来,工業都市として発展。造船,自動車,機械などの工場も立地。住民は東ヨーロッパ,プエルトリコからの移民や,アフリカ系の黒人など多様。人口7万 1245 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロレーン【Lorain】

アメリカ合衆国オハイオ州北部の工業都市。人口7万1000(1990)。エリー湖南岸,ブラック川の河口に位置し,クリーブランドの西方40kmにある。良港を有する,交通・輸送の中心であり,造船をはじめとして機械,金属,鉄鋼などの重工業が発達する。1807年に交易基地が設けられ,70年代の鉄道の開通によって石炭と鉄鉱石の輸送基地となり,90年代より工業化が進展した。市名はフランスの地方名ロレーヌに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロレーン
ろれーん
Lorain

アメリカ合衆国、オハイオ州北部、エリー湖岸の都市。人口6万8652(2000)。交通の発達した鉄鉱石の積出し港であり、造船の町として知られるが、自動車・鉄鋼業や玩具(がんぐ)製造など各種工業も盛んである。1807年に本格的な定住が開始され、74年より市制が施行された。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロレーンの関連キーワードブルガーコフ(Sergey Nikolaevich Bulgakov)アメリカ合衆国ロシア哲学モリソンキング

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロレーンの関連情報