コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンボク島 ロンボクとう Pulau Lombok

3件 の用語解説(ロンボク島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンボク島
ロンボクとう
Pulau Lombok

インドネシア南部,小スンダ列島西部の島。ロンボク海峡をはさんでバリ島に対する。ヌサトゥンガラバラット州に属し,西岸に州都マタラムがある。火山起源で,最高点はリンジャニ山 (3726m) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロンボク‐とう〔‐タウ〕【ロンボク島】

Pulau Lombok》インドネシア南部、小スンダ列島西部の島。バリ島スンバワ島の間に位置し、バリ島とを隔てるロンボク海峡には生物地理区の境界となるウォーレス線が通る。リンジャニ山、ナンギ山などの火山があり、南麓の平野は牧畜やコーヒープランテーションが盛ん。主な都市は西岸のマタラム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンボク島
ろんぼくとう
Pulau Lombok

インドネシア中部、小スンダ列島西部の島。東にスンバワ島、西にバリ島がある。ほぼ方形で面積4990平方キロメートル。人口約150万。北部にはインドネシアの火山の最高峰リンジャニ火山(3775メートル)やナンギ火山(2330メートル)がそびえる。南部には火山灰に覆われた肥沃(ひよく)な平野が展開する。住民はササク人が主であるが、西部は近世バリ島王朝に支配されたためバリ人も多い。米、トウモロコシ、サトウキビ、綿花を産する。中心都市は西岸のマタラム。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロンボク島の関連キーワードインドネシアタラカン島ロンボクインドネシア海溝フレデリクヘンドリク島インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンボク島の関連情報