コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマの休日

デジタル大辞泉プラスの解説

ローマの休日

1953年製作のアメリカ映画。原題《Roman Holiday》。グレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーンが共演したロマンチック・コメディー映画。監督:ウィリアム・ワイラー、共演:エディ・アルバートほか。第26回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演女優賞(オードリー・ヘプバーン)、脚本賞、衣裳デザイン賞(白黒)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ローマのきゅうじつ〔‐のキウジツ〕【ローマの休日】

Roman Holiday》米国の映画。1953年作。監督はワイラーローマを舞台に、ヨーロッパの某国王女と米国人新聞記者の1日だけの恋を描く。第21回米国アカデミー賞で3部門を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ローマのきゅうじつ【ローマの休日 Roman Holiday】

1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラーWilliam Wyler(1902‐81)監督作品。ヨーロッパを親善旅行中の某国の若い王女(オードリー・ヘプバーン)とアメリカの新聞記者(グレゴリー・ペック)とのラブ・ロマンスを,ローマの美しい観光名所を背景に,軽快にほほえましく描くロマンティック・コメディで,オリジナルストーリーは,〈赤狩り〉のブラックリストに載せられていたドルトン・トランボDalton Trumbo(1905‐76)が,イアン・マクレラン・ハンターの仮名で書いたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマの休日
ろーまのきゅうじつ
Roman Holiday

アメリカ映画。1953年作品。ウィリアム・ワイラー監督。永遠のスター、オードリー・ヘップバーンを生み出したロマンティック・コメディの名作。さる小国の王女が訪問先のローマで一日だけの「ローマの休日」を楽しみ、さまざまな思いを胸に秘めたまま王室の公務に戻っていくという物語が、太陽をいっぱいに受けた古都の名所の数々を背景に描かれる。伝統的なハリウッド・コメディのプロットに倣いながら、「別れ」で終わるラストシーンが甘くせつない余韻を残す。王女が長い髪をばっさり切り落とすヘアサロンのシーン、スクーターを暴走させて路上を大混乱させるシーンなど、名場面の宝庫でもある。ヘップバーンは本作でアカデミー主演女優賞を受賞、華々しいキャリアのスタートをきった。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローマの休日の関連キーワードヘップバーン(Audrey Hepburn)サンタマリアインコスメディン教会パブリックドメイン(PD)ユベール・ド ジバンシーオードリー ヘプバーンフィルム・コミッションパブリック・ドメインローマのスペイン広場ヘップバーンカットエディ アルバートグレゴリー ペック低価格DVDスペイン広場コロンナ宮殿太田ゆうき松岡恵望子松岡璃奈子姫野よし子帝国劇場本田恭子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローマの休日の関連情報