コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヤルゼリー royal jelly

翻訳|royal jelly

5件 の用語解説(ローヤルゼリーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ローヤルゼリー【royal jelly】

蜜蜂みつばちの働き蜂の特殊な分泌物。女王蜂になる幼虫に与えるもの。高タンパク質でビタミン類を含み、滋養強壮薬とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローヤルゼリー

王乳とも。ミツバチ働きバチの唾液(だえき)腺から分泌される酸味のある乳白色液体。女王バチとなるべき幼虫の餌で,王台に0.2〜0.3gたくわえられる。成分はタンパク質,脂肪,炭水化物,各種ビタミンミネラルアミノ酸など。
→関連項目蜂蜜ミツバチ養蜂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

食の医学館の解説

ろーやるぜりー【ローヤルゼリー】

〈生命力溢れる女王バチの食べもの〉
 ローヤルゼリーは女王バチの食べものとして、その驚異的な生命力と繁殖力を支えていることから、「不老長寿の薬」「若返りの妙薬」として名高く、古くはアリストテレスも記しているほどです。
○栄養成分としての働き
 ローヤルゼリーにはおもな活性成分と考えられるローヤルゼリー酸(10―HPA)を中心に糖質、脂質、必須アミノ酸を含むたんぱく質、ビタミンA、B1、B2、B6、E、葉酸(ようさん)、パントテン酸などのビタミン類、そして銅、リン、亜鉛(あえん)、鉄などのミネラルがバランスよく含まれています。しかし、これ以外にも専門家の間で「R物質」と呼ばれる、科学的にまだ解明されていない未知の物質も含まれていると考えられています。
〈間脳に作用し、自律神経の老化を防止〉
 ローヤルゼリーにはアミノ酸の一種であるタウリンアセチルコリンビタミンB1などの神経刺激伝達物質が含まれています。これらが自律神経の中枢である間脳(かんのう)に作用し、自律神経の老化を防ぐと考えられています。これにより自律神経失調症更年期障害にめざましい効果があるのです。
 自律神経は血管壁の直径を調整するので低血圧が改善されますし、血管が非常に多い精嚢腺(せいのうせん)やペニスにも作用をおよぼし、インポテンスにも有効です。交感神経の刺激によりグリコーゲン分解が促進されるので、慢性肝炎にも効果がみられます。また間脳の視床下部(ししょうかぶ)には性中枢、食欲中枢、体温中枢があるので、食欲増進や精力回復が望めます。
〈注目される制がん作用や痴呆防止作用〉
 ローヤルゼリーに制がん作用があると発表され、一躍注目を浴びました。免疫機能をつかさどる白血球は、骨髄(こつずい)リンパ組織で産生されますが、ローヤルゼリーは骨髄が血球を製造するのを助ける働きがあるためと考えられています。このためローヤルゼリーは、造血作用を破壊する放射能の毒性にも有効とされます。赤血球も骨髄で産生されるうえ、ローヤルゼリーには鉄分が含まれているので、貧血予防にも期待できます。
 アルツハイマー型痴呆(ちほう)はアセチルコリンの減少によって起こります。ローヤルゼリーはアセチルコリンを大量に含んでいるので、防止が期待されます。
 またローヤルゼリーにはインスリン作用物質が含まれるほか、高血圧を引き起こすアンジオテンシンIIの生成を抑制する働きがあることも判明しており、糖尿病や高血圧症の改善・予防に役立ちます。
○注意すべきこと
 ローヤルゼリーはアセチルコリンを含むため、パーキンソン病などで抗コリン剤を服用している人は、過剰摂取になるおそれがあるので摂取を避けてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

ローヤルゼリー【royal jelly】

王乳ともいう。ミツバチの孵化(ふか)後3日齢から13日齢ころまでの若い働きバチの下咽頭腺と上顎(じようがく)腺から分泌される乳白色で酸味を呈するホルモン様物質をいい,はちみつとはその成因・成分がまったく異なる。同じ有精卵から孵化した幼虫が,働きバチ乳とみつと花粉を与えられると働きバチに分化し,王乳のみを与えられると女王バチに分化する。女王バチは体重が働きバチに比べて2倍大きく,寿命が40倍も長い。しかも女王バチは生涯王乳のみを餌とし,成熟すると年間をとおして自己の体重(0.2g)と同じくらいの重さの卵を毎日1500~2000個産みつづける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローヤルゼリー
ろーやるぜりー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のローヤルゼリーの言及

【ミツバチ(蜜蜂)】より

…産卵能力は抜群に高く,春から夏にかけての繁殖期には,1日当り1500個もの卵を産むといわれている。女王バチは,働きバチや雄バチとは違って,王台(おうだい)と呼ばれる特別の巣房で,王乳(ローヤルゼリー)で育てられる。4月から6月にかけて,新しい女王が羽化するころになると,古い女王バチは,その巣のほぼ半分の働きバチをつれて,分封といわれる巣分れをする。…

※「ローヤルゼリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローヤルゼリーの関連キーワード分封ロイヤルゼリー王台黒丸花蜂女王蜂生命力食べ物食べ物屋ロイヤラクチンローヤルゼリーはミツバチからの贈り物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローヤルゼリーの関連情報