コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワモンアザラシ Phoca hispida; ringed seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワモンアザラシ
Phoca hispida; ringed seal

食肉目鰭脚亜目アザラシ科ゴマフアザラシ属。フイリアザラシともいう。体長約 1.65m,体重 50~110kgに達する。出生体長は 60~65cm,出生体重は4~5kgである。背部は濃い茶ねずみ色で,背部と体側に黒青色または茶灰色の斑紋があり,腹部は淡色。斑の大きさや形は不規則で,数個が合わさり大きな斑を呈することもある。斑の多くは白く縁どられ,白色の輪状模様にみえる。出生仔は柔らかい白色の毛でおおわれる。体は太く短い紡錘形で,頭部は小さく丸みを帯び,頸部は短く太い。鼻口部は幅があり,眼が大きく目立つ。鼻孔は小さく吻端にありV字状である。耳介はなく,耳孔は眼の後方やや下側に位置し比較的大きい。前肢は短く指間に蹼 (みずかき) があり,後肢は鰭 (ひれ) 状で,四肢には毛が密生する。尾は短い。門歯は上顎6本,下顎4本,犬歯は上顎と下顎に各2本,頬歯は上顎と下顎に各 10本である。流氷の割れ目に雪がかぶり洞穴状になった場所で3~4月に出産する。この氷穴は水中への行き来やホッキョクグマなどの外敵を防ぐのに役立つ。食性範囲は広く,おもに小型魚類や浮遊性甲殻類を捕食する。北極海,ハドソン湾,ハドソン海峡,ベーリング海およびバルト海等に周極分布する。北極海,日本海とオホーツク海,サイマー湖群ラドガ湖,バルト海に生息する5亜種に分けられる。サイマー湖群,ラドガ湖およびバルト海に生息するものは絶滅危惧種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワモンアザラシ
わもんあざらし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワモンアザラシの関連キーワードワモンアザラシ(輪紋海豹)カスピカイアザラシウタちゃんトッカリ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワモンアザラシの関連情報