コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワロン Wallon, Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワロン
Wallon, Henri

[生]1879.6.15. パリ
[没]1962.12.1. パリ
フランスの心理学者,精神医学者。ソルボンヌ高等学術研究所教授,コレージュ・ド・フランス教授。障害児の精神医学的研究から,児童心理学の領域で社会的条件を重視する独自の体系を樹立。さらに唯物弁証法の視角からの論議が注目された。第2次世界大戦後,フランス教育改革に指導的役割を果した。主著『騒々しい子供』L'Enfant turbulent (1925) ,『行動から思考へ』 De L'acte à la pensée (42) ,『児童における思考の起源』 Les Origines de la pensée chez l'enfant (2巻,45~47) ,『児童における性格の起源』 Les Origines du caractère chez l'enfant (34) 。

ワロン
Wallon, Henri-Alexander

[生]1812. バランシエンヌ
[没]1904. パリ
フランスの歴史家,政治家。 1871年国民議会の代議員,中央右派に所属。 75年1月第三共和政を承認する 75年憲法修正案を提出,可決され「第三共和政の父」といわれた。 75~76年文相,76~87年パリ大学文学部部長。主著『ジャンヌ・ダルク』 Jeanne d'Arc (60) ,『聖ルイ王とその時代』 Saint Louis et son temps (75) ,『パリ革命裁判所の歴史』 Histoire du tribunal révolutionnair de Paris (80~82) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワロン

フランスの心理学者。1937年コレージュ・ド・フランス教授。ナチスの侵入によって職を追われ,レジスタンスに参加,1944年復職。ランジュバンの死後その委員会を引き継ぎ,フランスの教育改革に努力。

ワロン

ベルギーの南半に居住するケルト系住民。フランス語の方言と考えられるワロン語をかつては使用したが,現在はほとんどフランス語を使用。風俗習慣もフランス風で,カトリック教徒。
→関連項目フランクベルギー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワロン【Henri Wallon】

1879‐1962
フランスの心理学者。1908年パリ大学医学部卒業後,精神病院精神遅滞児癲癇てんかん)児などの治療と研究に従事する。その結果,重症精神障害でさえも,生物学的原因だけでなく,環境的原因,とくに社会的欠陥も大きく作用していることを明らかにした。このことは,環境の改善,とくに教育の力で障害を多少とも克服できることを確信させることとなった。そこで,児童精神生物学研究所を創設し,児童相談などの臨床に従事する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワロン【Henri Wallon】

1879~1962) フランスの心理学者。障害児の治療から、発達における社会的条件や情動機能を重視する理論を展開し、フランスの教育改革にも尽力した。著「児童における性格の起源」「身体・自我・社会」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワロン
わろん
Henri Wallon
(1879―1962)

フランスの心理学者。パリ生まれ。パリ大学医学部を卒業後、精神科病院で精神障害児の臨床に従事し、精神障害は生物学的原因だけでなく、社会的原因にもよることを明らかにした。その後、児童精神生物学研究室を創設して、児童相談などに携わりながら、唯物弁証法の観点から、子供の性格や思考の起源について研究した。1937年コレージュ・ド・フランスの教授に任命されるが、第二次世界大戦中には抵抗運動に参加して指導的役割を果たし、パリ解放後は文部大臣や国会議員を務めた。この時期に物理学者P・ランジュバンとともに作成した教育改革案は、ヒューマニズムに満ちた進歩的内容のもので、教育史上高く評価されている。[滝沢武久]
『ワロン著、久保田正人訳『児童における性格の起源――人格意識が成立するまで』(1965・明治図書出版) ▽アンリ・ワロン著、滝沢武久他訳『子どもの思考の起源』上中下(1968・明治図書出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ワロン

生年月日:1879年6月15日
フランスの心理学者,精神医学者
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のワロンの言及

【児童心理学】より

…他方,ドイツではビューラー夫妻K. & C.Bühler,シュテルンW.Stern,ウェルナーH.Wernerらが輩出して,1940年前後から研究の発展をみた。またフランスではH.ワロンが精神医学の成果をもとり入れながら理論の体系化をはかり,ジュネーブ大学の研究所ではJ.ピアジェが発生的認識論研究の一環として児童研究を行い,今日の児童心理学に甚大な影響を与える理論の構築を進めた。ソ連でも1930年代から児童心理の研究が盛んになったが,その基礎を築いたのはL.S.ビゴツキーである。…

※「ワロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワロンの関連キーワードスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地〈モンス〉トゥルネーのノートルベルギーの政党と言語別人口比キリスト教社会党[ベルギー]ワロン地方の主要な鉱山遺跡群ベルギーとフランスの鐘楼群ベルギーと言語・地域の関係ディディエ レインデルスフレミア・ワロニー問題フラームス・ブラバントニューネーデルラントポール ランジュバン社会党[ベルギー]ブラバン・ワロンファン・ロンパイレオン ドグレルユトレヒト同盟ベルギーと言語アルベール2世ワーテルロー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワロンの関連情報