一円地(読み)いちえんち

世界大百科事典 第2版の解説

いちえんち【一円地】

一円知行地,一円所領ともいう。古代・中世の荘園制の下で,他の領主国衙の支配をまじえず,単一の領主の領有下にある所領または荘園をいう。封戸田や,墾田のための囲いこみによって形成された初期の荘園では,その境界内に公田(国衙領)や他の私領・荘園が混在したため,その年貢・公事などの収取をめぐって相互にしばしば相論がおこった。これをさけるため,9世紀以降,散在する自領の荘田と公田や他領の荘田とを交換(相博(そうはく))したり買得したりして円田化をすすめ,あるいは中央政府に申請して不輸不入権を得ることによって〈一円の庄として,他所役を勤めず〉といわれるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android