コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一闡提 いっせんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一闡提
いっせんだい

仏教用語。サンスクリット語 icchantikaの音写断善根ともいう。その語源については種々に論議されているが,「欲する者」の意で,他人の得る世俗的な利益をみてこれに嫉妬して,それを得ようと願う者の意味であったらしい。一般には,善の根本をまったくもたず,善とまったく無縁で,ほんのわずかな善すらも思わない者をいう。一闡提が仏陀になり得るかどうかについては古来重要な論争があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっせんだい【一×提】

《〈梵〉icchantikaの音写。断善根(だんぜんこん)・信不具足(しんふぐそく)と訳す》仏法を信じることなく、成仏の素質を欠く者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いっせんだい【一闡提】

サンスクリット語のicchantikaを音写した言葉。通俗語源解釈では〈欲求しつつある人〉の意で,快楽主義者や現世主義者をさすといわれるが,仏教では〈仏教の正しい法を信ずることなく,悟りを求めないために成仏の素質や縁を欠く者〉〈仏教の正法を毀謗(きぼう)し,救われる望みのない人〉を意味する。《大乗涅槃経》では〈一切衆生悉有仏性〉を説き,いかなる人も成仏する可能性をもつことを強調する。法相宗はこれを否定し,天台宗・華厳宗その他大乗の諸宗はこれを肯定する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いっせんだい【一闡提】

icchantika「断善根だんぜんこん」「信不具足しんふぐそく」と訳す〕
〘仏〙 仏になる能力や素質をまったくもっていないもの。闡提。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一闡提
いっせんだい

仏教用語。サンスクリット語のイッチャンティカicchantikaの音写。詳しくは一闡底迦(いっせんていか)と音写され、闡提と略称される。「名聞利養を欲求しつつある人」を原意とするが、極欲(ごくよく)、信不具足(しんふぐそく)(信をもたない者)、断善根(だんぜんこん)(善行を断じた者)などと訳され、成仏(じょうぶつ)(仏になること)の因をもたない者をいう。もとより解脱(げだつ)の因を欠く断善闡提と、菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)(生きとし生けるもの)を救済する大悲(だいひ)を行って故意に悟りに入らない状態にある大悲闡提(または菩薩闡提)との2種がある。また、しばらくは成仏できないが仏の威力(いりき)によって成仏するに至る有性(うしょう)闡提と、けっして成仏することのできない無性(むしょう)闡提とに分ける場合もある。[伊藤瑞叡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

一闡提の関連キーワード田村 哲郎三病仏性

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android