コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹森丘陵 ささもりきゅうりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笹森丘陵
ささもりきゅうりょう

秋田県南部,出羽山地の一部を占める丘陵地帯。北と東は雄物川の谷,南は子吉川の断層谷,西は日本海岸でかぎられる。由利本荘市中部に位置する。八塩山 (713m) ,鬼倉山 (601m) ,笹森山 (595m) など,高度 300~600mの低山地帯のなかに浸食谷が削られている。狭い谷間で小規模な水田耕作が行なわれ,山地の大半は森林。積雪量も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ささもり‐きゅうりょう〔‐キウリヨウ〕【笹森丘陵】

秋田県南西部、由利本荘市の中央部を占める丘陵。北東部は雄物川流域、南部は子吉川の流域。笹森山(標高595メートル)を中心にした300~500メートルの丘陵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ささもりきゅうりょう【笹森丘陵】

秋田県南西部,雄物川左岸から日本海沿岸までの間にひろがる丘陵地で,南端は鳥海山の北麓斜面に続く。丘陵は新第三系の凝灰岩,砂岩,ケツ岩からなり,これら岩層を切って雄物川・子吉(こよし)川両水系の支流群による浸食平たん面がひろがる。由利郡の主要部を占めることから由利丘陵とも呼ばれる。丘陵頂面は高度200~300mおよび150m前後の二つのレベルに分かれ,それより一段高く丘陵最高峰の八塩(やしお)山(713m)や笹森山(595m)など安山岩集塊岩などからなる標高500~700mの残丘群が点在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕笹森丘陵(ささもりきゅうりょう)


秋田県南西部にある丘陵。出羽(でわ)山地南部を占め、北と東は雄物(おもの)川、南西は子吉(こよし)川に限られる。標高約300~700m。子吉川支流の石沢(いしざわ)川で南北に二分され、北部に笹森山(標高595m)、南部に八塩(やしお)山(同713m)が残丘状に突出する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹森丘陵
ささもりきゅうりょう

秋田県南部、出羽(でわ)山地の一部を占める丘陵地帯。北と東は雄物(おもの)川の谷、南は子吉(こよし)川の断層崖(がい)でくぎられ、西は日本海に迫る。東麓(とうろく)に姫神(ひめがみ)山断層崖、南に大黒森断層崖があって横手盆地と境している。丘陵は子吉川の支流石沢川によって南北に区分され、北部には笹森山(595メートル)などの300~600メートルの山々があり、侵食谷が発達している。谷底には樹枝状に水田が開発され、零細な水田耕作が行われる。丘陵の大部分は森林で、積雪量も多い。人口流出が続き、秋田県内でも人口密度の低い地域。近年油田の試掘や、肉牛、乳牛の飼育が行われている。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

笹森丘陵の関連キーワード秋田県雄勝郡羽後町岩城(秋田県)大森[町]岩城〈町〉大内[町]岩城[町]丁岳山地本荘平野東由利大森大内

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android