七転八倒・七顛八倒(読み)しちてんばっとう

精選版 日本国語大辞典「七転八倒・七顛八倒」の解説

しちてん‐ばっとう ‥バッタウ【七転八倒・七顛八倒】

〙 (「しちてんはっとう」とも) 苦痛のあまりころげまわってもだえ苦しむこと。また、混乱のはなはだしいことのたとえにいう。しってんばっとう。
太平記(14C後)二七「俄に猛火燃来て、座中の客七顛八倒(しちテンはっタウ)する程に」 〔朱子語類‐梁恵王〕

しってん‐ばっとう ‥バッタウ【七転八倒・七顛八倒】

〘名〙 =しちてんばっとう(七転八倒)〔饅頭屋本節用集(室町末)〕
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)五「うんと計に虚空を掴み、七転八倒(シッテンバットウ)を見出し、手足を煽ち身をもがき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android