コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨/荊/棘 イバラ

デジタル大辞泉の解説

いばら【茨/×荊/×棘】

バラカラタチなど、とげのある低木の総称。荊棘(けいきょく)。
人里近くに多いバラ科バラ属の低木の総称。ノイバラ・ヤマイバラ・ヤブイバラなど。 花=夏 実=秋》「―さくや根岸の里の貸本屋/子規
植物のとげ。
身に受ける苦難のたとえ。「―の人生」
唐破風(からはふ)などで、下部の曲線がとげ状の突起となっている所。

うばら【茨/荊棘】

とげのある植物のこと。いばら。
ノイバラの別名。 夏》

し【茨】[漢字項目]

常用漢字] [音]シ(漢) [訓]いばら うばら
かや。かやぶき。「茅茨(ぼうし)

むばら【茨】

うばら」に同じ。
「巌(いはほ)の苔むし―這(は)ひかかりたるなりけり」〈今昔・一三・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うまら【茨】

うばら 」に同じ。 「道のへの-の末うれに這ほ豆の/万葉集 4352

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone