コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨/荊/棘 イバラ

デジタル大辞泉の解説

いばら【茨/×荊/×棘】

バラカラタチなど、とげのある低木総称荊棘(けいきょく)。
人里近くに多いバラ科バラ属の低木の総称。ノイバラ・ヤマイバラ・ヤブイバラなど。 花=夏 実=秋》「―さくや根岸の里の貸本屋/子規
植物のとげ。
身に受ける苦難のたとえ。「―の人生」
唐破風(からはふ)などで、下部の曲線がとげ状の突起となっている所。

うばら【茨/荊棘】

とげのある植物のこと。いばら。
ノイバラの別名。 夏》

し【茨】[漢字項目]

常用漢字] [音]シ(漢) [訓]いばら うばら
かや。かやぶき。「茅茨(ぼうし)

むばら【茨】

うばら」に同じ。
「巌(いはほ)の苔むし―這(は)ひかかりたるなりけり」〈今昔・一三・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまら【茨】

うばら 」に同じ。 「道のへの-の末うれに這ほ豆の/万葉集 4352

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茨 (イバラ・ウバラ;ウマラ;ムバラ)

植物。有刺植物およびバラ科バラ属の蔓性または直立低木の総称。バラの別称

茨 (ハマビシ)

学名:Tribulus terrestris
植物。ハマビシ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茨/荊/棘の関連キーワードホワンヤンチエ(黄洋界)茅茨剪らず采椽削らずばら掻き・ばら搔き鹿島アントラーズ穴穂部間人皇女サントシャペル水野 六山人広媛(1)古川精一山代氏益皇極天皇茨田屯倉日本書紀万多親王茨田衫子続日本紀仁徳天皇櫛角別王茨田関媛福田涼奈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android