万宝山事件(読み)まんぽうざんじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万宝山事件
まんぽうざんじけん

1931年7月中国吉林省万宝山付近で,朝鮮人移住農民と中国農民とが開墾地および水路をめぐって争った流血事件。 1931年4月,間島地方を追われた朝鮮人農民は長春の西北 30kmにある万宝山付近の荒れ地を中国人地主から借りて開墾を開始し,水田に必要な灌漑用水路の開削工事に取りかかった。この用水路の開削が無断でなされ,上流が氾濫する危険もあることから,中国農民は工事の中止を要求,中国官憲は朝鮮人 10人を逮捕したが,工事は日本政府の支持のもとに強行された。これに対し7月1日中国農民数百人が押しかけ,用水路の破壊に着手した。また,翌2日も約 500人の中国農民が押寄せ,双方銃を発砲したが,死者は出なかった。仁川では日本の官憲の出した「朝鮮人多数が殺された」というデマを新聞が報道したため,京城,平壌,仁川などをはじめ朝鮮全土に大規模な排華運動が起った。当時の幣原外相は国民政府の中国統一強化に原則的に賛成であったが,日本国内ではこの事件を一つのきっかけにして,積極的外交を望む声が強くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まんぽうざん‐じけん【万宝山事件】

1931年7月、中国東北部(旧満州)の長春近郊、万宝山で起こった朝鮮人農民と中国人農民の衝突事件。世界恐慌下、同地に移住した朝鮮人が水路工事を強行したことに対し、中国側が日本帝国主義の手先の行動として反発、襲撃が行われた。日本はこれを中国側の不法行為と宣伝、満州侵略気運の醸成に利用した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

万宝山事件【まんぽうざんじけん】

1931年に起きた中国東北在住の朝鮮人と中国人との衝突事件。生活苦から長春郊外万宝山に移住した朝鮮人の用水路開設を中国側は日本帝国主義の進出と考え,同年7月中国人数百名が実力で阻止,日本側は警官が出動して工事を強行した。これが扇動的に報道されたため,平壌,仁川などで在朝鮮中国人の虐殺事件をひき起こし,満州事変の前提ともなった。
→関連項目中村大尉事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんぽうざんじけん【万宝山事件】

1931年7月2日,中国吉林省長春市郊外の万宝山で起きた朝鮮移住民と中国農民の衝突事件。日本の植民地朝鮮では,東洋拓殖株式会社が中心となって没落農民の満州移住が進められ,31年には63万人に達した。移住民は日本の手先と見られ,中国側の反日の矢面にたたされた。日本は朝鮮での反華報復をあおり,両民族の離間策の中に満州侵略の機運を盛り上げた。満州事変は直後に起きた。【田中 宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まんぽうざんじけん【万宝山事件】

1931年(昭和6)7月、中国東北部(満州)長春郊外の万宝山付近で起きた、朝鮮農民と中国農民との衝突事件。朝鮮から満州に流入した朝鮮農民が、日本官憲の庇護のもとに、水田開墾のための用水工事を強行したことにより、これに反対する中国農民と衝突した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万宝山事件
まんぽうざんじけん

1931年7月、中国吉林(きつりん)省長春付近で起きた朝鮮人農民と中国人農民の武力衝突事件。背後には満州(中国東北)侵略を企図する日本の存在があった。前年間島地方で蜂起(ほうき)を鎮圧された朝鮮人農民300人余りは、万宝山付近に移住、中国人地主から約1000町歩(約10平方キロメートル)の土地を借り、灌漑(かんがい)工事を行って水田を開発しようとした。中国側は、これが日本帝国主義の侵略政策の一環であるとみなして、彼らに退去を要求した。そして7月には中国人農民500人が武装して移住地区を襲い、水利施設を破壊した。これに対し日本は、領事警察を出動させて対抗するとともに、中国に圧力を加え、日本国内においては、同年6月モンゴル人に変装して興安嶺(こうあんれい)地方を調査していた参謀本部員が殺害された「中村大尉事件」とあわせて大々的に宣伝、満州侵略の世論作りに利用した。朝鮮でも日本の宣伝を受けた民衆が中国人居留民を襲う報復事件が頻発した。こうして同年9月満州事変が勃発(ぼっぱつ)した。[古厩忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万宝山事件の関連情報