三十石艠始(読み)さんじっこくよふねのはじまり

世界大百科事典 第2版の解説

さんじっこくよふねのはじまり【三十石艠始】

歌舞伎狂言。時代物。初世並木正三作。1758年(宝暦8)12月大坂角の芝居初演。5幕。当時土木治水家として有名な河村瑞賢をモデルに,淀川の治水を背景に花光(はなみつ)左衛門の刃傷,切腹,家臣神道源八とその一家が苦心の末に主人の敵を討つ物語。仇討狂言の変形。膨大複雑で,かつ入り組んだ構造をもつ芝居であるが,一つ一つの場面は,簡潔なセリフと,よく描かれた人間の姿があざやかである。様式に頼らず,素朴なタッチで人間を描き,観客の人情に訴えつつ,それを見世物的な芸にしていくバイタリティ溢れる感覚は,現在の歌舞伎の洗練された感覚とは全く異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android