コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜飛崎 たっぴざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜飛崎
たっぴざき

青森県北西部,津軽半島北西端に突出する岬。外ヶ浜町に属する。付近は標高 100mの台地で,海食崖海食洞があり,海上には奇岩が重畳して豪壮な海岸美を展開,津軽国定公園に含まれる。「たっぴ」はアイヌ語の「たむぱ (刀) 」を意味する。本州と北海道を結ぶ青函トンネルの入口にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

竜飛崎【たっぴざき】

青森県津軽半島の北端にあり,津軽海峡の西の入口をなす岬。対岸の北海道白神岬との距離は約18km。安山岩と凝灰岩からなる海食崖や海食洞が岬をとりまき,急潮に洗われる光景は壮観。
→関連項目津軽海峡津軽国定公園三厩[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たっぴざき【竜飛崎】

青森県北西部,津軽半島北端の岬。東津軽郡三厩(みんまや)村に属する。津軽海峡をはさんで北海道の白神岬と約20kmの距離にあり,青函トンネルの本州側の入口にあたる。海岸まで山地がせまり急崖をなし,景観は雄大である。崖下に漁家がひしめく竜飛集落はイカ漁やコンブ・アワビ採取を営むが,近年は不振。竜飛崎灯台が立ち,太宰治の文学碑がある。岬をめぐる遊歩道が設けられ,津軽線三厩駅からバスが通じる。【横山 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たっぴざき【竜飛崎】

青森県津軽半島の北端、津軽海峡に突出する岬。北海道の白神岬に対する。二つの岬を結ぶ青函トンネルが通る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の竜飛崎の言及

【津軽半島】より

…平野西部は幅約4km,長さ約30kmに及ぶ屛風山(びようぶやま)砂丘からなり,その海岸部は七里長浜と呼ばれる。半島北端の竜飛(たつぴ)崎から袰月(ほろづき)海岸にかけては海岸段丘が発達している。半島の地質は主として第三紀層からなるが,半島西部中央にあって日本海に突出した小泊岬には古生層がみられる。…

※「竜飛崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜飛崎の関連キーワード三厩[村]三厩湾帯島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜飛崎の関連情報