コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三太 サンタ

3件 の用語解説(三太の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんた【三太】

江戸時代、丁稚(でっち)小僧の通称。三太郎
愚鈍な者をいう擬人名。三太郎。
犬が前足を上げ、後ろ足で立つ芸。ちんちん。
「犬に―させて遊ばるるこそ少しは憎し」〈浮・一代男・六〉
人に世辞を言ったりへつらったりすること。
「請出さうと言うたらば―もしさうな物が」〈浮・禁短気・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三太 さんた

青木茂の児童文学主人公
山梨県道志村にすむ,わんぱくだがあかるく,にくめない少年。担任の花荻(はなおぎ)先生が大すき。敗戦直後,「赤とんぼ」に三太を主人公にした物語がかかれ,昭和23年「三太武勇伝」として刊行される。25年にはNHK連続ラジオドラマ「三太物語」(筒井敬介脚色)となり,ひろくしたしまれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

さんた【三太】

丁稚でつち・小僧などの通称。 「年季の-すつきりと合点せず/浄瑠璃・重井筒
犬の芸の一。前足を上げ、後ろ足だけで立つもの。ちんちん。 「犬に-させて遊ばるるこそ少しは憎し/浮世草子・一代男 6
卑屈におもねること。ぺこぺこすること。 「請け出さうというたらば、-もしさうな物が/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三太の関連キーワード道志川古田足日ピノッキオ道志渓谷青木茂(1)白木茂神宮輝夫西本鶏介槙本楠郎横谷輝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三太の関連情報