三太(読み)サンタ

デジタル大辞泉の解説

さんた【三太】

江戸時代、丁稚(でっち)小僧の通称。三太郎
愚鈍な者をいう擬人名。三太郎。
犬が前足を上げ、後ろ足で立つ芸。ちんちん。
「犬に―させて遊ばるるこそ少しは憎し」〈浮・一代男・六〉
人に世辞を言ったりへつらったりすること。
「請出さうと言うたらば―もしさうな物が」〈浮・禁短気・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三太 さんた

青木茂の児童文学主人公
山梨県道志村にすむ,わんぱくだがあかるく,にくめない少年。担任の花荻(はなおぎ)先生が大すき。敗戦直後,「赤とんぼ」に三太を主人公にした物語がかかれ,昭和23年「三太武勇伝」として刊行される。25年にはNHK連続ラジオドラマ「三太物語」(筒井敬介脚色)となり,ひろくしたしまれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんた【三太】

丁稚でつち・小僧などの通称。 「年季の-すつきりと合点せず/浄瑠璃・重井筒
犬の芸の一。前足を上げ、後ろ足だけで立つもの。ちんちん。 「犬に-させて遊ばるるこそ少しは憎し/浮世草子・一代男 6
卑屈におもねること。ぺこぺこすること。 「請け出さうというたらば、-もしさうな物が/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんた【三太】

〘名〙
① 江戸時代、商家で働く少年、丁稚(でっち)、小僧などの通称。三太郎。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「年季の三太すっきりと合点せず」
② 愚鈍な者をあざけって呼ぶ名。三太郎。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)与作おどり「口入頼みて銀四百目を、仮に雇ふて女房と名づけ、あほう三太をらむ右源太で」
③ (━する) 犬にさせる芸の一種。ちんちんのこと。後脚を曲げて直立し、前脚を上げてその先を垂れること。丁稚小僧達がよく犬にたわむれて、この芸を仕込むところから呼ばれるようになったという。一説にキリシタンの礼拝の形に似るところから「サンタマリア」の略とも。
※俳諧・ゆめみ草(1656)春「まっすぐに立はさんたが犬桜〈一武〉」
④ (━する) (③から転じて) 土下座すること。
浮世草子・傾城禁短気(1711)一「広き難波にあの女郎を、引欠きさうな大臣外に覚へず。請出さふといふたらば、さんたもしそふな物が、少しの間勘当せられて」
⑤ 賭事のおいちょかぶで、できた目の数が三であること。
※競馬(1946)〈織田作之助〉「オイチョカブ賭博の、一(いんけつ)、二(にぞ)、三(サンタ)、四(しすん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三太の関連情報