コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三岸節子 みぎし せつこ

6件 の用語解説(三岸節子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三岸節子

洋画家。愛知県生。名古屋淑徳高等女学校卒業後上京し、岡田三郎助に師事、本郷洋画研究所に通う。女子美術学校卒後、三岸好太郎と結婚。静物画に詩的な画境を開き色彩画家として認められる。戦後女流画家協会創立、芸術選奨文部大臣賞受賞。渡仏し、国際展・現代日本展・日本国際美術展に出品。南仏カーニュに居を移し、女流総合展「潮」創立、風景画家として歩み出す。自由で力強い制作で女流画家の旗手的存在として画壇における女性の地位確立に寄与した。平成11年(1999)歿、94才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みぎし‐せつこ【三岸節子】

[1905~1999]洋画家。愛知の生まれ。女子美術学校卒。三岸好太郎の妻。女流画家協会を設立。情熱的な色彩、重厚で力強い画風で知られる。「梔子(くちなし)」で芸術選奨を受賞したほか、「さいたさいたさくらがさいた」「ヴェネチアの家」などの作品がある。平成6年(1994)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三岸節子【みぎしせつこ】

洋画家。本名節。愛知県生れ。本郷絵画研究所に学び,女子美術専門学校卒業。岡田三郎助に師事し,1925年画壇に登場,1946年には女流画家協会結成に参加,女性画家の地位向上にも尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三岸節子 みぎし-せつこ

1905-1999 大正-平成時代の洋画家。
明治38年1月3日生まれ。三岸好太郎の妻。春陽会展,独立美術協会展に出品ののち,昭和14年新制作派協会会員となる。21年女流画家協会を創立。26年「梔子(くちなし)」で芸術選奨。43年長男の画家黄太郎一家と南フランスに居住。平成6年文化功労者。情熱的な色彩,重厚な絵肌の力強い画風を展開。平成11年4月18日死去。94歳。愛知県出身。女子美術学校(現女子美大)卒。旧姓は吉田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

みぎしせつこ【三岸節子】

1905~1999) 洋画家。愛知県生まれ。女子美術学校卒。1924年画家三岸好太郎と結婚。キュービズムやシュールレアリスムなどから出発し具象に至るが、一貫して情熱を込めた独自の絵画世界を創作し続けた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三岸節子
みぎしせつこ
(1905―1999)

洋画家。愛知県起町(現一宮(いちのみや)市)生まれ。旧姓吉田。1921年(大正10)上京して本郷洋画研究所で岡田三郎助(さぶろうすけ)の指導を受け、24年女子美術学校(現女子美術大学)を卒業、この年三岸好太郎と結婚する。翌年から春陽会展に出品、また、婦人洋画協会結成に参加する。32年(昭和7)から好太郎が創設に加わった独立美術協会展に出品を続けるが、好太郎の死去もあり39年新制作派協会に移って会員となる。第二次世界大戦後の46年(昭和21)同志とともに女流画家協会を結成。51年芸術選奨文部大臣賞受賞。翌年の第1回サン・パウロ・ビエンナーレ展ほか内外で活躍。54年初の渡仏。1年半後に帰国してからは、軽井沢に住み制作に没頭する。68年末、長男黄太郎一家とフランスに渡るが、後に病気のために帰国。83年節子の寄贈作品を中心として、北海道立三岸好太郎美術館が開館。86年勲三等宝冠章受章。88年郷里愛知県尾西(びさい)市(一宮市)の名誉市民となる。91年には日本の女性画家としては初めて、アメリカ・ワシントンの女性芸術美術館で個展が開催された。94年(平成6)文化功労者として顕彰される。98年11月、一宮市内の生家跡に三岸節子記念美術館が完成した。花や静物、風景画に燃焼度の高い画境を示した。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『花とヴェネチア』(1975・三彩社) ▽『三岸節子画集』全3集(1980、81、90・求龍堂) ▽『三岸節子――花のデッサン帖』(1984・求龍堂) ▽『花より花らしく』(1991・筑摩書房) ▽『三岸節子作品集』(1991・ビジョン企画出版社) ▽『美神の翼 随筆集』(1991・求龍堂) ▽『黄色い手帖』(1992・筑摩書房) ▽『未完の花――三岸節子画文集』(1994・求龍堂) ▽『三岸節子画集 1936―1994』(1994・ビジョン企画出版社) ▽三岸好太郎・三岸節子画、北海道立三岸好太郎美術館編・刊『三岸好太郎と三岸節子の花――生命の花・未完の花』(1996) ▽『花こそわが命――三岸節子自選画文集』(1996・求龍堂) ▽三岸節子述、林寛子著『三岸節子修羅の花』(1997・学陽書房) ▽三岸黄太郎監修『旅へのいざない――三岸節子ヨーロッパデッサン集1954―1989』(1997・求龍堂) ▽『華』(1998・求龍堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三岸節子の言及

【三岸好太郎】より

…洋画家。小説家子母沢寛の異父弟。札幌に生まれ,1921年札幌一中卒業後上京,独学で洋画を学んだ。23年第1回春陽会展に入選,翌年の第2回展では《兄および彼の長女》などで春陽会賞を首席で受賞,26年無鑑査になる。同年中国旅行をして国際都市上海のエキゾティズムに多大の刺激をうけ,それまでの岸田劉生やアンリ・ルソーらの影響を脱して,《少年道化》(1929),《マリオネット》(1930)など独自のロマンティックな作風を生みだした。…

※「三岸節子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三岸節子の関連キーワード江藤哲都鳥雪香高等女学校実科高等女学校愛知淑徳大学女学校防府高等女学校三田尻高等女学校井上はな前田若尾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三岸節子の関連情報