三段峡(読み)さんだんきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「三段峡」の解説

三段峡
さんだんきょう

広島県北西部、山県(やまがた)郡安芸太田(あきおおた)町にある柴木(しわき)川の峡谷。中国山地の脊梁(せきりょう)部の八幡(やわた)高原から流出する太田川の支流柴木川とその支谷の横川(よこごう)川は、延長約16キロメートルにわたって深い峡谷を刻む。三段滝二段滝、竜門、猿飛(さるとび)、黒淵(くろぶち)などと名づけられた、深(しんえん)が連続し、岩壁も高さ100メートルに達する。国の特別名勝指定され、周囲は原生林をなし、西中国山地国定公園域となっている。峡谷の上流には樽床(たるとこ)ダムと人造湖の聖(ひじり)湖がある。広島市から直通のバスがある。JR可部(かべ)線三段峡駅も利用できたが、同線は2003年(平成15)可部―三段峡間が廃止となっている。

[北川建次]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「三段峡」の解説

三段峡【さんだんきょう】

広島県北西部,太田川の支流柴木川の峡谷(特別名勝)。樽床(たるとこ)ダムから下流の柴木に至る約11kmで,二段滝,三段滝など多くの滝と,淵,岩壁,洞窟が続く。江戸時代にも知られ,1768年の《松落葉集》では三段峡の三段滝・竜ノ口・猿飛の三景が紹介されている。周辺には恐羅漢山(おそらかんやま),深入山などの高原もあり,広島市からバスの便がある。
→関連項目戸河内[町]西中国山地国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三段峡」の解説

三段峡
さんだんきょう

広島県北西部,太田川の支流柴木川 (しわきがわ) の峡谷。北広島町樽床ダム (聖湖) から安芸太田町戸河内地区の柴木にいたる全長約 13kmの大峡谷で,比高約 450m。黒淵,猿飛,三段滝,二段滝,竜門,三ツ滝など景勝の淵や滝が多い。付近一帯の原始林紅葉は特に美しい。西中国山地国定公園の中心的景勝地で,特別名勝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三段峡」の解説

さんだん‐きょう ‥ケフ【三段峡】

広島県北西部、太田川の支流柴木(しわき)川の峡谷。延長約一〇キロメートル。谷壁の比高は三〇〇メートルから七〇〇メートル以上にも達し、流れは激しく曲流して、奇岩怪石・深淵・瀑布の名勝をつくる。西中国山地国定公園の一部。国特別名勝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三段峡」の解説

さんだん‐きょう〔‐ケフ〕【三段峡】

広島県北西部、柴木しわき川の峡谷。三段の滝など、滝が多い。紅葉の名所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典・日本の観光資源「三段峡」の解説

三段峡

(広島県山県郡安芸太田町・北広島町)
森林浴の森100選」指定の観光名所。

三段峡

(広島県山県郡安芸太田町・北広島町)
日本百景」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典 第2版「三段峡」の解説

さんだんきょう【三段峡】

広島県北西部,太田川の支流柴木(しわぎ)川にかかる三段ノ滝を中心とする峡谷。延長約11km。西中国山地国定公園に含まれ,1953年国の特別名勝に指定された。柴木川は島根県境近くの八幡盆地の水を集めて南流し,芸北町樽床(たるとこ)(標高約800m)から南東に向きをかえるとともに,急に峡谷を形成し,戸河内町柴木まで続く。この間の高度差は450m,標高1000m前後の定高性円頂山地を300~600m刻み込み,高さ100m近くの懸崖も少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android