三角帽子(読み)サンカクボウシ

デジタル大辞泉の解説

さんかく‐ぼうし【三角帽子】

長めの円錐形の帽子。
女性が労働の際にかぶるもの。四角な布を斜めに折り、三角にしたもの。風呂敷ぼっち。
[補説]書名別項。→三角帽子

さんかくぼうし【三角帽子】

《原題、〈スペイン〉El sombrero de tres picosアラルコンの短編小説。1874年刊。アンダルシア地方の伝承歌謡「市長と水車小屋のおかみ」を下敷きにした作品。1919年、ファリャがこの小説に着想を得てバレエ組曲を作曲、同年バレエ=リュスが1幕のバレエ作品として上演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三角帽子【さんかくぼうし】

ファリャ作曲のバレエ音楽。原作はスペインのアラルコンの同名の小説。振付をマシン,装置・衣装はピカソが担当し,1919年〈バレエ・リュッス〉によりロンドンで初演された。粉屋の妻にほれた三角帽子の市長がもの笑いになるという話。フラメンコが入るなどスペイン色が濃い。→アンセルメ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三角帽子

ロシア出身の振付家レオニード・マシーンによる全1幕のバレエ(1919)。原題《El sombrero de tres picos》。ペドロ・アントニオ・デ・アラルコンによる同名の小説を題材とする。音楽はマヌエル・デ・ファリャ。

三角帽子

スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャのバレエ組曲(1919)。原題《El sombrero de tres picos》。アンダルシアの民話を元にしたペドロ・アントニオ・デ・アラルコンの同名の短編小説に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんかく‐ぼうし【三角帽子】

[1] 〘名〙
① さきのとがった長めの帽子。三角帽。
※父の詫び状(1978)〈向田邦子〉チーコとグランデ「三角帽子をかぶって肩を組んだ酔っぱらいと」
② 女性の労働用のかぶり物。四角い布をななめに折って三角としたもの。
[2] (原題El sombrero de tres picos) バレエ音楽。一幕二部、八曲。ファリャ作曲。一九一九年ロンドンで初演。アラルコンの同名の小説に基づく台本に作曲された。三つの舞曲からなる管弦楽組曲がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三角帽子の関連情報