コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三角帽子 サンカクボウシ

6件 の用語解説(三角帽子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんかく‐ぼうし【三角帽子】

長めの円錐形の帽子。
女性が労働の際にかぶるもの。四角な布を斜めに折り、三角にしたもの。風呂敷ぼっち。
[補説]書名別項。→三角帽子

さんかくぼうし【三角帽子】

《原題、〈スペインEl sombrero de tres picosアラルコン短編小説。1874年刊。アンダルシア地方の伝承歌謡「市長と水車小屋のおかみ」を下敷きにした作品。1919年、ファリャがこの小説に着想を得てバレエ組曲を作曲、同年バレエ=リュスが1幕のバレエ作品として上演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三角帽子【さんかくぼうし】

ファリャ作曲のバレエ音楽。原作はスペインのアラルコンの同名の小説。振付をマシン,装置・衣装はピカソが担当し,1919年〈バレエ・リュッス〉によりロンドンで初演された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

三角帽子

ロシア出身の振付家レオニード・マシーンによる全1幕のバレエ(1919)。原題《El sombrero de tres picos》。ペドロ・アントニオ・デ・アラルコンによる同名の小説を題材とする。音楽はマヌエル・デ・ファリャ

三角帽子

スペインの作曲家マヌエル・デ・ファリャのバレエ組曲(1919)。原題《El sombrero de tres picos》。アンダルシアの民話を元にしたペドロ・アントニオ・デ・アラルコンの同名の短編小説に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんかくぼうし【三角帽子】

先のとがった長めの帽子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三角帽子の関連キーワードスペイン村スペイン領サハラ組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン組曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン岬の謎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三角帽子の関連情報