コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円生 サンユウテイエンショウ

5件 の用語解説(三遊亭円生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんゆうてい‐えんしょう〔サンイウテイヱンシヤウ〕【三遊亭円生】

落語家。
(初世)[1768~1838]江戸後期の落語家。江戸の人。通称、橘屋松五郎。烏亭焉馬(うていえんば)に師事。三遊派の祖で、芝居噺(ばなし)の創始者。
(6世)[1900~1979]大阪の生まれ。本名、山崎松尾。多彩な芸と都会的な語り口で人気を得る。昭和40年(1965)から昭和47年(1972)まで落語協会会長。昭和53年(1978)、落語協会を脱退し、落語三遊協会を設立。得意の演目は「子別れ」「品川心中」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三遊亭円生【さんゆうていえんしょう】

落語家。江戸末期の初代〔1768-1838〕は鳴物入り芝居噺(ばなし)を創始。いわゆる三遊派の祖とされる。5代〔1884-1940〕は本名村田源治。豪放な語り口の名手で,《夢金》《三十石》などを得意とした。
→関連項目烏亭焉馬三遊亭円朝三遊亭円楽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんゆうていえんしょう【三遊亭円生】

落語家。(1)初代(1768‐1838∥明和5‐天保9) 初め身振り声色(こわいろ)の名手,東亭(とうてい)八ッ子に師事し,多子(たこ)と名のった。のち烏亭焉馬(うていえんば)(立川(たてかわ)焉馬)門に転じて立川焉笑,ついで山遊亭猿松と称して自立,1797年(寛政9)三遊亭円生と改めた。みずから〈身振り声色芝居掛り鳴り物入り〉元祖と名のり,人気を博した。三遊派の祖として三遊亭円遊ほか多くの門人を養成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんゆうていえんしょう【三遊亭円生】

(初世)(1768~1838) 落語家。江戸の生まれ。本名、橘たちばな屋松五郎。三遊派の祖。初め木戸芸者・声色こわいろを業としたが、烏亭焉馬うていえんばに身を寄せ、咄家はなしかに転じる。身振り・声色・鳴り物入りの芝居咄を創始。「東都噺者師弟系図」を刊行。
(六世)(1900~1979) 落語家。大阪生まれ。本名、山崎松尾。一〇歳で東京の橘家円蔵の弟子となる。「子別れ」「鰍沢かじかざわ」などを得意とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三遊亭円生
さんゆうていえんしょう

落語家。[関山和夫]

初代

(1768―1838)初め東亭八ッ子(とうていやっこ)門で多子(たこ)。初代三笑亭可楽(からく)に従って東生亭世楽(とうしょうていせらく)。独立して山遊亭猿松(えんしょう)。烏亭焉馬(うていえんば)門となり立川焉笑(たてかわえんしょう)。再度独立して三遊亭円生。「身振り声色(こわいろ)芝居掛り鳴物入り」の元祖。三遊派の祖。『東都噺者(とうとはなしか)師弟系図』を著す。[関山和夫]

2代

(1806―62)本名尾形清次郎。初め三升屋(みますや)しげ次。初代円生門に入って竹林亭虎生(こしょう)。三遊亭花生(かしょう)、橘屋(たちばなや)円蔵を経て2代目襲名。四谷(よつや)に住み、木魚頭(もくぎょあたま)のため「よつもく」といわれる。芝居噺を創作。門下から円朝(えんちょう)が出た。[関山和夫]

3代

(1839―81)本名野本新兵衛。歌舞伎(かぶき)役者から4代桂(かつら)文治門となり桂万治。円朝門に移って円楽。1872年(明治5)3代目襲名。円朝から道具を譲られて「道具入り芝居噺」を演じた。役者時代に「のしん」を名のったので「のしん円生」とよばれた。[関山和夫]

4代

(1846―1904)本名立岩勝次郎。円朝門下。鯉朝、小円太、3代円喬(えんきょう)を経て1886年(明治19)4代目襲名。人情噺、廓噺(くるわばなし)に優れ、三遊派を統率。[関山和夫]

5代

(1884―1940)本名村田源治。4代橘家円蔵門下。二三蔵(ふみぞう)、小円蔵、円窓、5代円蔵を経て1925年(大正14)5代目襲名。「でぶの円生」といわれる。1915年(大正4)にアメリカ各地を巡業して話題になる。豪放のなかにも細緻(さいち)な芸を示し、『三十石(さんじっこく)』『首提灯(くびぢょうちん)』『文七元結(ぶんしちもっとい)』『双蝶々(ふたつちょうちょう)』などを得意とした。[関山和夫]

6代

(1900―79)本名山崎松尾。5代目の養子。6歳で子供義太夫(ぎだゆう)・豊竹(とよたけ)豆仮名太夫。10歳で落語に転じ4代円蔵門下。円童、小円蔵、円好、円窓、6代円蔵を経て1941年(昭和16)6代目襲名。円朝ものの『真景累ヶ淵(かさねがふち)』『怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)』『怪談乳房榎(ちぶさえのき)』をはじめ廓噺、音曲噺、芝居噺など広い芸域を誇り、『円生全集』『円生百席』(レコード)など多くの著作・資料を残す。78年6月に真打(しんうち)乱造に反対して落語三遊協会を結成、活躍中に急逝。[関山和夫]
『『圓生全集』5巻・別巻3・追悼編(1967~80・青蛙房) ▽『圓生古典落語』全5巻(集英社文庫) ▽三遊亭円生著『寄席育ち』(1965・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三遊亭円生の言及

【芝居噺】より

…落語の人情噺の途中で鳴物が入り,せりふが芝居風になって声色(こわいろ)が入り,衣装は引抜きになり,背景も見せて,ときには短刀のような小道具も使うなど,演出がすべて芝居風になる。《芝居風呂》《双(ふたつ)蝶々》などがそれであるが,初代三遊亭円生を祖とする。近年では,林家彦六がその芸を伝えた。…

【落語】より

…人情噺の祖朝寝坊夢楽(あさねぼうむらく)(夢羅久),怪談噺の祖初代林屋正蔵,音曲(おんぎよく)噺の祖初代船遊亭扇橋(せんゆうていせんきよう),現在の幻灯のような写絵(うつしえ)を見せた都楽(とらく)(1781‐1852),百面相(ひやくめんそう)のような芸で,いろいろの目かつらをつける〈百眼(ひやくまなこ)〉を見せた三笑亭可上(かじよう)など,多士済々の可楽一門だった。一方,可楽よりもやや先輩として活躍したのは,〈身振り声色(こわいろ)芝居掛り鳴り物入り〉元祖と称した初代三遊亭円生だった。円生門下からは,〈続き物〉の祖初代金原亭馬生(きんげんていばしよう)(?‐1838),人情噺の名手初代古今亭(ここんてい)志ん生,おなじく人情噺をよくした2代円生などが輩出した。…

※「三遊亭円生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三遊亭円生の関連キーワードインターネット落語初世林屋正蔵三笑派三遊亭円楽三遊派春風亭柳橋桂米朝(3代)笑福亭仁鶴為永春雅

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三遊亭円生の関連情報