コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三面記事 さんめんきじ

5件 の用語解説(三面記事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三面記事
さんめんきじ

新聞の社会面の記事のこと。もと4ページ立ての新聞が多かった頃,第3ページを社会面にするのが慣例であったためにつけられた名称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三面記事

1931年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作・脚本:小林正、撮影:松沢又男。出演:島耕二、高津愛子ほか。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三面記事
さんめんきじ

日刊新聞の社会面記事のこと。日本の新聞の紙幅、形態が整いだした明治20年代から、1、2面には政治・経済などの硬派記事、3面には社会ダネの軟派記事が掲載されるようになったところから、この呼び方が始まった。これらは、人々の好奇心に訴えるような犯罪事件や事故、汚職や暴力・非行、男女・性関係記事などで、日常生活をなんらかの意味で逸脱した異常なできごとの報道が多い。かつては、それらはセンセーショナリズムエロティシズム、事実の誇張・潤色などを特徴としていた。現在ではむしろ懐古的ことばの感じが強い。[高須正郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三面記事の言及

【新聞記事】より

…日本では,明治初期に多くの新聞が4ページだてのころ,人殺し,ゴシップ,スキャンダルなど市井の雑事は三面に集められていた。そこから,人生の過半を占める〈社会〉ニュースをやや軽べつのニュアンスをふくめて〈三面記事〉と称するようになった。エリート的意識の支配した初期のジャーナリストの世界では,天下国家を報道,論評する記者(硬派記者とよばれた)が本流とされ,市井の俗事を扱う記者(軟派記者とよばれた)は,数段低い存在とみなされていたからである。…

※「三面記事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三面記事の関連情報