コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上陽 じょうよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上陽
じょうよう

福岡県南部,八女市北部の旧町域。水縄山地南斜面に位置し,矢部川上流の星野川,横山川流域に広がる。1958年北川内町と横山村が合体して上陽町が発足。2006年八女市に編入。農林業が主産業で,米,チャ(茶),杉材,シイタケ,たけのこ,コンニャクのほか竹製品などを産する。中心地区の北川内にある東公園はサクラ,ツツジ,カエデの名所。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上陽
じょうよう

福岡県南部、八女(やめ)郡にあった旧町名(上陽町(まち))。現在は八女市の北部を占める。旧上陽町は1958年(昭和33)北川内(きたかわち)町と横山村が合併して改称。町名は『日本書紀』の上陽(かみつやめ)郡に由来。2006年(平成18)八女市に編入。耳納(みのう)山地南麓(なんろく)の緩斜面が広く分布、星野(ほしの)川が南部を西流する。主産業は農林業で、茶、シイタケ、ミカン、イチゴなどを特産し、とくに上陽銘茶は八女茶のうちでも最上級である。木材、竹製品、線香などの加工も行われている。桜、紅葉の美しい北川内公園のほか、北部の耳納山地付近は筑後川(ちくごがわ)県立自然公園に含まれ、耳納スカイラインが通じる。旧町内には石橋が多く残され、一連から四連までの石橋群は景勝地として知られ、また星野川の上流はゲンジボタルの生息地となっている。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上陽の関連キーワードMake渚にまつわるエトセトラ泉谷しげる(業務提携)夏の終りのハーモニー飾りじゃないのよ涙はスチュワーデスの恋人リバーサイドホテルノンスモーキー石井夢みる頃を過ぎても素晴らしきかな人生八女・女性転落死いっそセレナーデワインレッドの心上陽北ぜい学園福岡県八女市闇夜の国からアジアの純真愛を謳おう清水アキラ洗玉眼鏡橋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android