コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上陽 じょうよう

2件 の用語解説(上陽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上陽
じょうよう

福岡県南部,八女市北部の旧町域。水縄山地南斜面に位置し,矢部川上流の星野川,横山川流域に広がる。1958年北川内町と横山村が合体して上陽町が発足。2006年八女市に編入。農林業が主産業で,米,チャ(茶),杉材,シイタケ,たけのこ,コンニャクのほか竹製品などを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上陽
じょうよう

福岡県南部、八女(やめ)郡にあった旧町名(上陽町(まち))。現在は八女市の北部を占める。旧上陽町は1958年(昭和33)北川内(きたかわち)町と横山村が合併して改称。町名は『日本書紀』の上陽(かみつやめ)郡に由来。2006年(平成18)八女市に編入。耳納(みのう)山地南麓(なんろく)の緩斜面が広く分布、星野(ほしの)川が南部を西流する。主産業は農林業で、茶、シイタケ、ミカン、イチゴなどを特産し、とくに上陽銘茶は八女茶のうちでも最上級である。木材、竹製品、線香などの加工も行われている。桜、紅葉の美しい北川内公園のほか、北部の耳納山地付近は筑後川(ちくごがわ)県立自然公園に含まれ、耳納スカイラインが通じる。旧町内には石橋が多く残され、一連から四連までの石橋群は景勝地として知られ、また星野川の上流はゲンジボタルの生息地となっている。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上陽の関連キーワード福岡県八女市岩崎福岡県八女市北田形福岡県八女市平福岡県八女市長野福岡県八女市馬場福岡県八女市光福岡県八女市本福岡県八女市宮野福岡県八女市本町福岡県八女市山内

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上陽の関連情報