コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下局 カキョク

大辞林 第三版の解説

かきょく【下局】

明治新政府の議事機関。1868年、上局とともに設置。上局の命により重要政務事項を審議。諸藩の藩士代表で構成。同年末、公議所に吸収。 → 上局

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下局
かきょく

明治初年の立法機関。議政官内に設けられた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下局の言及

【貢士】より

…貢士はいわば藩の代表として議事に参加するわけであるが,才能によっては徴士に昇格することもあった。同年閏4月21日政体書が発布され,議政官が設けられ,上局・下局が設けられると参与でもあった徴士は議定とともに上局を構成し,下局は議長2名のほか貢士を議員として構成された。下局は上局の命を受け租税,駅逓,造幣,度量衡,条約,通商,拓彊,宣戦講和,警察,軍事,各藩間の訴訟を扱ったが,立法機関としての独自性は弱かった。…

※「下局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

下局の関連キーワード雲井龍雄帝国議会公議所藩議会待詔院集議院待詔局上局貢士審議

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android