上局(読み)ウエツボネ

デジタル大辞泉の解説

うえ‐つぼね〔うへ‐〕【上局】

宮中で、后(きさき)女御(にょうご)更衣などが、通常の居室以外に、天皇の近くに賜った部屋。清涼殿には弘徽殿(こきでん)藤壺(ふじつぼ)とがあった。うえのみつぼね。
貴人の邸宅で、主人の居間の近くに設けられた女房の部屋。

じょう‐きょく〔ジヤウ‐〕【上局】

慶応4年(1868)の政体書により、議政官内に設置された立法機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うえ‐つぼね うへ‥【上局】

〘名〙
① 身分の高い人の居間近く、臨時に置かれた女房の休息用の部屋。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「いとあわただしくて出でつつ人に見ゆれば、見ぐるしくなん。うへつぼねなどして、かくてものし給へ」
② 宮中で后、女御、更衣や女官などが、通常の居室のほかに、特に天皇の御寝所である夜の御殿(おとど)の北隣に与えられた休息用の部屋。また、そこに奉仕する女性。清涼殿には弘徽殿(こきでん)と藤壺の二つがあった。うえのみつぼね。⇔下局(しもつぼね)
※源氏(1001‐14頃)桐壺「更衣の曹司をほかにうつさせ給て、うへつぼねにたまはす」

じょう‐きょく ジャウ‥【上局】

〘名〙 慶応四年(一八六八)閏四月に設置された議政官内の一局。政体の創立、法制の制定、機務の決定などを職掌した。職員に議定・参与・史官・筆生を設置。明治二年(一八六九)五月、議政官の廃止により改編され、議長・副議長・議員が置かれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上局の言及

【貢士】より

…貢士はいわば藩の代表として議事に参加するわけであるが,才能によっては徴士に昇格することもあった。同年閏4月21日政体書が発布され,議政官が設けられ,上局・下局が設けられると参与でもあった徴士は議定とともに上局を構成し,下局は議長2名のほか貢士を議員として構成された。下局は上局の命を受け租税,駅逓,造幣,度量衡,条約,通商,拓彊,宣戦講和,警察,軍事,各藩間の訴訟を扱ったが,立法機関としての独自性は弱かった。…

※「上局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報