コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存外 ゾンガイ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐がい〔‐グワイ〕【存外】

[名・形動]物事の程度などが予想と異なること。また、そのさま。案外。副詞的にも用いる。「存外な(の)好成績」「存外早い解決」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんがい【存外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思っていたのと程度や様子が違う・こと(さま)。思いのほか。案外。副詞的にも用いる。 「 -な謝礼」 「 -うまくいった」 「自分が-幅の利かない様に見えた事であつた/三四郎 漱石
非常識な言動をすること。無礼。 「娘ばかりの内証に入りて-せし故なし/浮世草子・懐硯 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

存外の関連情報