存外(読み)ゾンガイ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐がい〔‐グワイ〕【存外】

[名・形動]物事の程度などが予想と異なること。また、そのさま。案外。副詞的にも用いる。「存外な(の)好成績」「存外早い解決」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんがい【存外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思っていたのと程度や様子が違う・こと(さま)。思いのほか。案外。副詞的にも用いる。 「 -な謝礼」 「 -うまくいった」 「自分が-幅の利かない様に見えた事であつた/三四郎 漱石
非常識な言動をすること。無礼。 「娘ばかりの内証に入りて-せし故なし/浮世草子・懐硯 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存外の関連情報