コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存外 ゾンガイ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐がい〔‐グワイ〕【存外】

[名・形動]物事の程度などが予想と異なること。また、そのさま。案外。副詞的にも用いる。「存外な(の)好成績」「存外早い解決」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんがい【存外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思っていたのと程度や様子が違う・こと(さま)。思いのほか。案外。副詞的にも用いる。 「 -な謝礼」 「 -うまくいった」 「自分が-幅の利かない様に見えた事であつた/三四郎 漱石
非常識な言動をすること。無礼。 「娘ばかりの内証に入りて-せし故なし/浮世草子・懐硯 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

存外の関連キーワード存・孫・尊・忖・損・村・樽・蹲・遜ニコライ ブルガーニンフルシチョフ宇都宮 徳馬ブルガーニンハーターディーボけろけろ浮世草子岩下貴子古学派存の外好成績三四郎終に繊弱幾程

存外の関連情報