案外(読み)アンガイ

  • あんがい ‥グヮイ
  • あんがい〔グワイ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
予想が外れること。思いがけないこと。また、そのさま。思いのほか。副詞的にも用いる。「彼女には案外な一面がある」「案外よくできた」
非常識で無礼なこと。また、そのさま。
「―なる素野郎(すやらう)め」〈浄・先代萩
[用法]案外・意外――「案外」は予想事態が違っていた場合に使。「期待していたが、案外つまらない映画だった」「心配していたが、仕事は案外楽だった」など。◇「意外」は「意外に時間が早くたってしまった」「パーティーで意外な人に会った」のように、「意外な」「意外に」の形で、考えていたことと実際が違う場合や、予想できなかったようなことに使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 思いがけないこと。予想と食い違うこと。意外。存外。慮外。副詞的にも用いる。
※左経記‐長元四年(1031)二月四日「其時申小野宮記一レ之由、如此案外事令量行給旨、不古賢之由、入道大納言所語也云々」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「主人は案外真面目で」
② 非常識なこと。無礼なこと。慮外。
※浮世草子・好色敗毒散(1703)二「我儘(わがまま)ばかり案外(アングヮイ)をふるまひけれど」
[語誌]挙例のように平安時代中期の公家日記、「左経記」に使われているが、中国文献には見出されない。「案の外(ほか)」という言い方が「今昔‐二五」にあり、「案のほか」を「案外」と表記したことによって生じた和製漢語と見られる。「左経記」の「案外」もアンノホカと読まれた可能性もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android