コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意外 イガイ

デジタル大辞泉の解説

い‐がい〔‐グワイ〕【意外】

[名・形動]考えていた状態と非常に違っていること。また、そのさま。「事件は意外な展開を見せた」「意外に背が高い」
「ベランメーに接近した彼の口の利き方にも―を呼んだ」〈漱石明暗
案外[用法]
[補説]現在では「意外に」と同様、「意外と知られていない事実」のように「意外と」の形も用いられる。
[派生]いがいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いがい【意外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いがけない・こと(さま)。前もって考えていたこととちがう・こと(さま)。予想外。 「 -な人に会った」 「病気は-に重い」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

意外の関連キーワード盗人を捕らえて見れば我が子なり風が吹けば桶屋が儲かる世の中は広いようで狭い江戸の敵を長崎で討つ遠くて近きは男女の仲灰吹きから蛇が出る残り物には福がある草を打って蛇に驚く埋もれ木に花が咲く残り物に福がある背負い投げを食う足元から鳥が立つ瓢箪から駒が出るショートショート狐につままれる手間暇いらず二度びっくり隅に置けない京に田舎あり福徳の三年目

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意外の関連情報