意外(読み)イガイ

  • いがい ‥グヮイ
  • いがい〔グワイ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]考えていた状態と非常に違っていること。また、そのさま。「事件は意外な展開を見せた」「意外に背が高い」
「ベランメーに接近した彼の口の利き方にも―を呼んだ」〈漱石明暗
案外[用法]
[補説]現在では「意外に」と同様、「意外と知られていない事実」のように「意外と」の形も用いられる。
[派生]いがいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 考えていたことと実際とが、くい違うこと。思いがけないこと。また、そのさま。思いのほか。現代では、俗に「意外と」の形で副詞的にも用いる。〔文明本節用集(室町中)〕
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)二月二八日「正宗云、今日斎会出于意外」 〔北史‐崔光伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android