世事(読み)セイジ

デジタル大辞泉の解説

せい‐じ【世事】

世間の俗事。せじ。
僧が定められている以外の食事をとること。
和船で、炊事を行う部屋。

せ‐じ【世事】

世の中の事柄。俗事。「世事にうとい」
世辞」に同じ。
「不相変(あいかわらず)愛嬌も―も無いが」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじ【世事】

世間の事柄。俗事。せじ。
〘仏〙 食事をすること。または食事を作るなどの家事。 〔日葡〕
和船で炊事すること。また、その船内の場所。

せじ【世事】

世間の様々な俗事。せいじ。 「 -にうとい」 「 -に賢い」
世辞」に同じ。 「あの子は全体-がいい/滑稽本・浮世床

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐じ【世事】

〘名〙
① 世の中の事。世間の俗事処世のこと。せじ。
菅家文草(900頃)五・早春観賜宴宮人同賦催粧「野中芼菜、世事推之蕙心矣」
※評判記・色道大鏡(1678)五「又わすれずとても、世事(セイジ)を塵垓(ぢんかい)ともおもはざれば」 〔史記‐屈原伝〕
② 仏語。僧が、定められた以外の食事をすること。
※雑談集(1305)三「未申の時ばかり非時して、法師原坂本へ下りぬれば、夕方寄り合ひて、事と名づけ我我世事(セイジ)して食す」
③ 和船で、船内の炊事を行なう部屋。なお江戸時代の関東の川船では、炊事の間を兼ねた船頭らの居住用小屋形を同様に呼んだ。世事の間。世事所。火床(ひどこ)の間。

せ‐じ【世事】

〘名〙
① 世間の事。世の中のこと。人事。俗事。せいじ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三九「吁(ああ)世事の変遷し易きや、此家今日復た玉車を迎へず空しく既往の事とはなれり」
② 世間の事に対処すること。人に対する態度。転じて、愛想のよい口のききかた。世辞。
洒落本傾城買二筋道(1798)冬の床「かんにんなんしまた文里さんのせじがはじまった」
人情本春色梅児誉美(1832‐33)序「艷言(セジ)で欺(まろめ)て浮薄(うはき)で交(こね)て」
[語誌](1)①の意味ではセイジともいう。古辞書類も多く「せいじ」と読んでおり、中世まではセイジが一般的であったと思われる。
(2)②の意味は①から生じたが、「世辞」の表記も生まれ、明治以降、この表記が定着した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世事の関連情報