コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世事 セイジ

デジタル大辞泉の解説

せい‐じ【世事】

世間の俗事。せじ。
僧が定められている以外の食事をとること。
和船で、炊事を行う部屋。

せ‐じ【世事】

世の中の事柄。俗事。「世事にうとい」
世辞」に同じ。
「不相変(あいかわらず)愛嬌も―も無いが」〈紅葉多情多恨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじ【世事】

世間の事柄。俗事。せじ。
〘仏〙 食事をすること。または食事を作るなどの家事。 〔日葡〕
和船で炊事すること。また、その船内の場所。

せじ【世事】

世間の様々な俗事。せいじ。 「 -にうとい」 「 -に賢い」
世辞 」に同じ。 「あの子は全体-がいい/滑稽本・浮世床

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世事の関連キーワード酸いも甘いも嚙み分ける坊ちゃん育ち徒者・悪戯者御坊ちゃん書痴・書癡揚巻(2)話が分かる物仕・物師八幡愚童訓世事見聞録武陽隠士泡斎念仏坊ちゃん道学先生物慣れる道学者捌ける谷麓谷大和魂御姫様

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android