コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並び/双び ナラビ

デジタル大辞泉の解説

ならび【並び/双び】

並ぶこと。並んだようす。並んでいるもの。列。「歯の―が悪い」「このビルの―にある書店」
たぐい。比類。「天下に―もない武芸の達人」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の並び/双びの言及

【歌舞伎】より

… ツナギ場面転換の間を,幕を閉めて囃子または柝(き)を二つ続けざまに打つことによってつなぐこと。 出囃子(でばやし)所作事の地方(じかた)(長唄連中と鳴物社中)が舞台の雛段に居並び,客席に姿を見せて演奏する形式。また,その囃子。…

※「並び/双び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

並び/双びの関連キーワードイクシマノカミ(生島神)randomiseフォルツナツス羽並み・羽並町並み・町並歯並み・歯並シーケンスカーニング地図パズルストリング二価染色体水鴨なす尾島ねぎ延喜の治伊良湖崎縦鼻横目ずらっと異位重行ウエール将棋所

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android