コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連なる/列なる ツラナル

デジタル大辞泉の解説

つら‐な・る【連なる/列なる】

[動ラ五(四)]
たくさんのものが1列に並んで続く。切れずに続く。「車が道路に―・る」「遠く―・る山々」
会などに出席する。列席する。「式典に―・る」「末席に―・る」
関係者の一人である。その団体などの一員である。「発起人の一人として―・る」「アララギ派に―・る歌人」
関係が及ぶ。つながる。「国際的信用に―・る問題」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

連なる/列なるの関連キーワードカロリンアリューシャン海溝バジェウォイレイク飛騨山脈・飛驒山脈フリージア諸島カスケード山脈常念岳・常念嶽キペンゲレ山脈アンダマン諸島アンナプルナムチンガ山脈ビソケタトリアレウト列島キーラーゴアララギ派流れを汲む虹の松原硫黄列島太白山脈木曽山脈

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android