コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中乗 チュウノリ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐のり【中乗】

謡曲のリズムの型の一。2音節に1拍をあてるもので、切れのよい躍動的な効果をもつ。修羅物・鬼畜物などで戦闘や苦患(くげん)のさまをあらわす場面などに用いる。修羅のり。→大乗(おおのり)平乗(ひらのり)
[補説]ふつう「中ノリ」と書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

中乗の関連キーワードビベロ・イ・ベラスコスルーチェック多田久 聖介大乗・大ノリ大伴継人中乗り木曾節大乗り乗りベル道蔵大乗平乗三乗謡曲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android