コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中乗 チュウノリ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐のり【中乗】

謡曲のリズムの型の一。2音節に1拍をあてるもので、切れのよい躍動的な効果をもつ。修羅物・鬼畜物などで戦闘や苦患(くげん)のさまをあらわす場面などに用いる。修羅のり。→大乗(おおのり)平乗(ひらのり)
[補説]ふつう「中ノリ」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

中乗の関連キーワードビベロ・イ・ベラスコスルーチェック多田久 聖介大乗・大ノリ大伴継人大乗り木曾節中乗り大乗ベル乗り道蔵平乗三乗謡曲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android