コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国数学 ちゅうごくすうがく

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくすうがく【中国数学】

中国で文字による記録が残っているのは,殷代晩期の甲骨文からである。甲骨文による記数法十進法が主体で,万位までを数えている。このほか十干十二支を組み合わせた六十進法で日を数えている。次の周代の数学を知る資料は乏しいが,春秋戦国ともなると,四則計算を中心にかなり数学が発達してきたと思われる。漢字による数字表記では,現在のアラビア数字とはちがい,筆算が行えないため,計算には算木(算,籌(ちゆう),策などという)が使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中国数学の関連キーワード三上 義夫池田昌意今村知商天元術程大位数学史劉徽李冶李儼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国数学の関連情報