コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾都山(1世) なかおとざん[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中尾都山(1世)
なかおとざん[いっせい]

[生]1876.10.5. 枚方
[没]1956.10.10. 京都
尺八の都山流宗家。本名琳三。父は油問屋中尾治郎兵衛。母美都子は平曲の寺内検校の娘。母の指導下に尺八を独習。 1894年明暗教会の虚無僧となり,96年大阪に教授所開設,都山流を創始。独自の外曲を編曲したほか,多くの尺八曲を作曲して都山流本曲となした。 1922年東京に進出。宮城道雄らと提携して流勢を全国的に拡大。 45年戦災により京都に移住。作品は『青海波』『岩清水』『春風』ほか 300曲を数える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中尾都山(1世)の関連キーワード中島雅楽之都

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android