コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山茂 なかやま しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山茂 なかやま-しげる

1928-2014 昭和後期-平成時代の科学史家。
昭和3年6月22日生まれ。ハーバード大でトマス・クーンにまなぶ。平成元年神奈川大教授。日本や中国の科学史,科学社会学を研究。社会と密着したサービス科学を提唱した。平成26年5月10日死去。85歳。兵庫県出身。東大卒。著作に「科学技術の戦後史」,訳書に「科学革命の構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

なかやま‐しげる【中山茂】

[1928~2014]科学史家。兵庫の生まれ。昭和46年(1971)に米国の科学史家トーマス=クーンの著書「科学革命の構造」を翻訳し、パラダイム論を日本に紹介した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中山茂【なかやましげる】

科学史家。兵庫県尼崎市生まれ。1941年旧制大阪府立北野中学校(現府立北野高等学校)に入学翌年,旧制広島第一中学校(現広島県立広島国泰寺高等学校)に編入。1945年旧制広島高等学校(現広島大学)入学。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山茂
なかやましげる

[生]1928.6.22. 兵庫,尼崎
[没]2014.5.10. 東京
科学史家(→科学史)。1951年東京大学理学部天文学科卒業。出版社の平凡社に編集者として入社して科学史家らと交流。1955年フルブライト留学生としてアメリカ合衆国のハーバード大学大学院に留学し,1960年に科学・学術史専攻の博士号を取得する。同 1960年に帰国後,東京大学教養学部の専任講師に着任。1962年にアメリカの科学史家トーマス・S.クーンが出版した『科学革命の構造』The Structure of Scientific Revolutionsを翻訳し,科学がただ思考により直線的に進化していくのではなく,だれかが画期的な手本となるようなパラダイムを開拓し,それをほかの問題にあてはめる「通常科学」がしばらく続くという二つのタイプの研究によって段階的な進化を遂げる,という考え方を日本に紹介。既成学問への行きづまり感と新しい学問形成への機運をとらえてパラダイムということばが普及した。1989年東京大学を助教授で退官し,神奈川大学教授に転じる。また,1986年から 1995年にかけて約 100人の各分野の専門家で戦後日本の科学技術史をまとめる『通史 日本の科学技術』プロジェクトを中心となって推進した。1995年,『通史 日本の科学技術』の編纂で毎日出版文化賞の特別賞を受賞。2008年から 2009年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校 UCLAポール・テラサキ・チェア(寄付講座教授)も務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中山茂の関連キーワードクーン(Thomas Samuel Kuhn)ニーダム(Joseph Needham)バターフィールドミクロコスモス合理化(経営)共約不可能性ホロスコープ産業考古学アカデミー巨大科学児童文化ニーダム乾坤弁説須弥山説占星術天動説地動説発見中山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山茂の関連情報