中戸川吉二(読み)なかとがわ きちじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中戸川吉二 なかとがわ-きちじ

1896-1942 大正-昭和時代前期の小説家。
明治29年5月20日生まれ。里見弴(さとみ-とん)に師事する。大正7年第5次「新思潮」同人となる。私小説的作風で知られた。12年雑誌「随筆」を創刊。昭和17年11月19日死去。47歳。北海道出身。明大中退。作品に「反射する心」「イボタの虫」など。
【格言など】自分の性格にある,不愉快なものから卒業して了(しま)いたい気持(創作の動機)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中戸川吉二
なかとがわきちじ
(1896―1942)

小説家。北海道生まれ。神経衰弱のため明治大学を中退。里見(とん)に師事し、短編集『イボタの虫』(1919)や長編『反射する心』(1918~20)などにより、新進作家として嘱望される。微妙な心理描写に優れた私小説的作風をもち、『縁なき衆生』(1920)、『友情』『青春』(ともに1921)、『北村十吉』(1922)を矢つぎばやに刊行し、また、雑誌『随筆』を創刊(1923)するが、大正末から文壇を遠ざかり、昭和期に若干の文芸批評などを残した。[柳沢孝子]
『『日本現代文学全集105 現代名作選 一』(1969・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android