コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中綱湖 なかつなこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中綱湖
なかつなこ

長野県大町市北部,後立山連峰東麓にある湖。面積 0.14km2。湖面標高 812m。仁科三湖のなかで最小。この青木湖木崎湖の中間に位置し,ちょうど2つの湖をつなぐという意味から「中つなぎ」「中つな」となったといわれる。ヘラブナフナなどが生息し,冬季穴釣りが行われる。西岸にはスキー場やホテルがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中綱湖【なかつなこ】

長野県北部の仁科(にしな)三湖の一つ。標高815m,面積は3湖中最小の0.14km2最深12m。中栄養湖。冬結氷し,スケート氷上穴釣に適する。スイレン水生植物が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかつなこ【中綱湖】

長野県北西部,大町市にある湖。地形的には糸魚川‐静岡構造線に沿った断層湖で,仁科三湖の中では中央に位置する。面積0.14km2の小さな湖で,堆積によって浅くなり,水深は最深部でも12mにすぎない。湖の標高は815mで,冬には全面結氷する。湖岸には水草がよく繁茂し,ヘラブナ,フナなどの魚類も多い。四季を通じて釣りが行われるが,冬の湖上の穴釣りはとくに有名である。JR大糸線簗場(やなば)駅から100m。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中綱湖
なかつなこ

長野県北西部、大町市北部にある小湖。仁科(にしな)三湖の一つ。糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線に沿う構造湖で、西側は後立山(うしろたてやま)の山麓(さんろく)が迫り急斜面をなすが、東側は緩傾斜で湖岸を国道148号やJR大糸線が走り、近世の糸魚川街道(千国(ちくに)街道)も湖岸を通っていた。面積0.14平方キロメートル、周囲2キロメートル、最深部12メートル。冬は結氷しワカサギの穴釣りができる。大糸線簗場(やなば)駅下車。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中綱湖の関連キーワード長野県大町市糸魚川

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android