コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西部太平洋まぐろ類委員会 ちゅうせいぶたいへいようまぐろるいいいんかい Western and Central Pacific Fisheries Commission; WCPFC

2件 の用語解説(中西部太平洋まぐろ類委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中西部太平洋まぐろ類委員会
ちゅうせいぶたいへいようまぐろるいいいんかい
Western and Central Pacific Fisheries Commission; WCPFC

2000年に南太平洋フォーラム漁業機関主催の多国間ハイレベル会合で採択された「西部および中部太平洋における高度回遊性魚類資源の保存および管理に関する条約」(中西部太平洋まぐろ類条約。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中西部太平洋まぐろ類委員会
ちゅうせいぶたいへいようまぐろるいいいんかい
Western and Central Pacific Fisheries Commission

西部および中部太平洋で、マグロカツオなどを主とした高度回遊性魚類資源の持続可能な漁業管理を目的に組織された地域漁業管理機関。略称WCPFC。委員会は調査分野や特定水域によって分けられた下部組織である小委員会の勧告に基づき、総漁獲許容量(TAC:Total Allowable Catch)や漁獲努力量、資源回復のための保存管理措置などを決定している。事務局はミクロネシアポンペイにある。2000年に採択され、2004年6月に発効した、西部及び中部太平洋における高度回遊性魚類資源の保存及び管理に関する条約Convention on the Conservation and Management of Highly Migratory Fish Stocks in the Western and Central Pacific Oceanに基づいて設立された。日本についての条約発効(加盟)は2005年(平成17)。2014年6月時点の条約締約(加盟)国・地域は、オーストラリアカナダ、韓国、キリバスクック諸島、中国、ナウルニュージーランドフィジーフランス、ミクロネシア、ヨーロッパ連合(EU)など26。なお、北緯20度以北の管理水域に分布する魚種に関する措置は、北小委員会の決定に基づいて行われている。北小委員会への参加国は、日本をはじめ、アメリカ、カナダ、韓国などの9か国・地域で、おもな対象魚種は、ビンナガクロマグロメバチ、カツオ、キハダ、スマ、ミナミマグロ、ソウダガツオシマガツオマカジキ、バショウカジキ、メカジキシイラ、海洋性サメである。
 太平洋クロマグロ(ホンマグロ)の資源枯渇が深刻化しており、科学的根拠に基づいた長期的な資源回復計画が求められている。2014年9月に開かれた北小委員会では、30キログラム未満の未成魚の漁獲量を2002年から2004年の平均値より50%削減することを柱とした緊急課題に対して参加国の合意が得られ、将来的な太平洋クロマグロの資源回復に向けて大きな一歩を踏み出した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中西部太平洋まぐろ類委員会の関連キーワードノーフォーク島南太平洋委員会南太平洋フォーラムアセアン地域フォーラムラロトンガ条約アジア太平洋法定計量フォーラムFFA太平洋環境共同体ASEAN地域フォーラム(ARF)南太平洋経済協力機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中西部太平洋まぐろ類委員会の関連情報