丹念(読み)タンネン

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]細かいところにまで注意を払うこと。心を込めて丁寧に行うこと。また、そのさま。入念。「資料を一つ一つ丹念に調べる」「丹念な細工」
[派生]たんねんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 誠意をもってていねいに行なうこと。物事に細心の注意をはらうこと。誠心誠意であること。また、そのさま。
※謡曲・盛久(1423頃)「いはんや汝年月、丹念のまことをぬきんでて、発心人に越えたり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「姉は丹念に一粒づつ取っては食ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹念の関連情報