コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山山 ヤマヤマ

デジタル大辞泉の解説

やま‐やま【山山】

[名]あちらこちらの山。多くの山。「山山にこだまする」「甲斐の山山を歩く」
[副]
たくさんあるさま。山ほど。「言いたいことは山山ある」
実際はできないが、ぜひそうしたいと思うさま。「行きたいのは山山だが都合がつかない」
多く見積もってもその程度であるさま。せいぜい。「用意できるのは一日一〇〇〇個が山山だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまやま【山山】

[2] ( 名 )
多くの山。また、あちらこちらの山。 「伊豆の-」 「 -を紅に染める」
[0] ( 副 )
(多く「…したいのはやまやまだが」の形で)心から望み願っているが、実際にはそうできないさま。 「買いたいのは-だが、我慢する」 「欲しいのは-だが、なにぶん高すぎる」
多いさま。はなはだしいさま。たくさん。はなはだ。 「 -カタジケナク/ヘボン」
それが限度であるさま。せいぜい。 「売りさばけられるのは二〇〇台ぐらいが-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山山の関連キーワードアラクシュ・テギン(阿剌忽思的斤)直峰松之山大池県立自然公園香川県木田郡三木町奥山インシャンシャンマイイリ(伊犁)自治州内モンゴル自治区ネムルットマウントブラーセジェスタ遺跡エルジンジャンインシャン山脈ブルーレーク小野田[町]富士見〈村〉五月山動物園金蔵山古墳装い・粧い万里の長城アルーシャ麒麟山温泉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山山の関連情報