コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久喜藩 くきはん

2件 の用語解説(久喜藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久喜藩
くきはん

江戸時代,武蔵国埼玉郡久喜地方 (埼玉県) を領有した譜代小藩。貞享1 (1684) 年米津氏の1万 2000石に始る。寛政 10 (1798) 年,出羽長瀞 (ながとろ。山形県) に移封,廃藩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久喜藩
くきはん

武蔵(むさし)国久喜(埼玉県久喜市)に置かれた大名。久喜藩は1684年(貞享1)米津伊勢守政武(よねきついせのかみまさたけ)が父田盛(たもり)の遺領であった武蔵国都筑(つづき)郡、下総(しもうさ)国印旛(いんば)郡、上総(かずさ)国埴生(はぶ)郡・香取(かとり)郡、摂津(せっつ)国および河内(かわち)国の1万2000石を継いだのち、封地を武蔵国埼玉(さきたま)郡・多摩郡、上総国武射(むしゃ)郡・長柄(ながら)郡・山辺(やまべ)郡、下総国葛飾(かつしか)郡・印旛郡・千葉郡・結城(ゆうき)郡・豊田(とよだ)郡、常陸(ひたち)国真壁(まかべ)郡に領知替えとなり、久喜に陣屋を設けて成立した。政武は出羽守(でわのかみ)に改め寺社奉行(ぶぎょう)を勤めた。以後、継嗣は政矩(まさのり)・政容(まさよし)と続き、1729年(享保14)政容が大坂定番(じょうばん)となり、上総・下総・常陸国のうち3000石を河内国志紀(しき)・若江(わかえ)・大県(おおがた)の3郡に移された。その子政崇(まさたか)は1739年(元文4)河内国の領地を上総・下総・常陸3国の旧領に移され、のちに大番頭(おおばんがしら)より大坂の定番に転じた。その後、通政(みちまさ)が1767年(明和4)に継ぎ、98年(寛政10)武蔵国の所領6400石余を出羽(でわ)国村山郡に移され長瀞(ながとろ)(山形県東根(ひがしね)市)に陣屋を移したので(長瀞藩、1万1000石)、久喜藩は消滅した。陣屋跡は、現久喜市役所付近にあり、明治まで空堀が残存していた。[大舘右喜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久喜藩の関連キーワード埼玉県久喜市久喜北埼玉県久喜市久喜新埼玉県久喜市久喜本埼玉県久喜市古久喜埼玉県南埼玉郡白岡町埼玉県南埼玉郡宮代町須賀埼玉県久喜市野久喜埼玉県久喜市原埼玉県南埼玉郡宮代町東埼玉県南埼玉郡宮代町山崎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone