コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久延毘古 クエビコ

デジタル大辞泉の解説

くえ‐びこ【久延毘古】

古事記にみえる神の名。歩けないが、天下のことをことごとく知る神とされる。
[補説]「こわれた男」の意の「崩彦(くえびこ)」で、案山子(かかし)のことかともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久延毘古 くえびこ

古事記」にみえる神。
「崩(く)え彦」(身体の崩れた男性)の意味で,大国主神(おおくにぬしのかみ)の国作り神話に登場する案山子(かかし)の名。大国主神に,だれも知らなかった少彦名命(すくなひこなのみこと)の名をおしえたとされる。異形の人は知恵者と信じられていたことをしめす。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くえびこ【久延毘古】

《古事記》にみえる神の名。〈クエ〉は〈崩(く)ゆ〉の連体形で身体の崩れた男を指すと思われ,また案山子(かかし)のことである。大国主(おおくにぬし)神が出雲の御大(みほ)(美保)の岬にいたとき,海上から羅摩(かがみ)の船(ガガイモの船)に乗り,鵝(ひむし)の皮(蛾の皮)の衣服を着た神が近づいた。だれもその神の名を知らなかったが,谷ぐく(ヒキガエル)は〈クエビコなら知っていよう〉と答えた。クエビコに尋ねてみると〈これは神産巣日(かむむすび)神の御子,少名毘古那(すくなびこな)神(少彦名命)です〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くえびこ【久延毘古】

古事記神話で、海上より寄り来る少彦名神すくなびこなのかみの名を顕した神。案山子かかしのことという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久延毘古
くえびこ

(1)日本神話の神。『古事記』で、海上を寄り来る神の名がわからなかったとき、大国主命(おおくにぬしのみこと)に、それは少彦名命(すくなひこなのみこと)であると答えた神。山田之曽富騰(やまだのそほど)ともいい、「足は行かねども、尽(ことごと)に天の下の事を知れる神なり」とも語られている。
(2)田に立つ案山子(かかし)のこと。風雨にさらされた姿を崩(く)え彦(びこ)(男)と見立てたものをいう。長野県では旧暦10月10日の刈上(かりあ)げ祭を「案山子ひき」といい、案山子に餅(もち)などを供え田の神を山に送るが、案山子は稲の生育を見守る田の神の依代(よりしろ)である。その一本足も、男根をもって象徴される隻脚(せっきゃく)王シバの坐法(ざほう)であり、地母を身ごもらせる呪法(じゅほう)かといわれる。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の久延毘古の言及

【案山子】より

…かかしはまた神の依代そのものでもあった。《古事記》ではかかしは〈久延毘古(くえびこ)〉の神であるとされる。かかしを田の神の依代としてまつる民俗例もある。…

※「久延毘古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久延毘古の関連情報