コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久延毘古 クエビコ

5件 の用語解説(久延毘古の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くえ‐びこ【久延毘古】

古事記にみえる神の名。歩けないが、天下のことをことごとく知る神とされる。
[補説]「こわれた男」の意の「崩彦(くえびこ)」で、案山子(かかし)のことかともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久延毘古 くえびこ

古事記」にみえる神。
「崩(く)え彦」(身体の崩れた男性)の意味で,大国主神(おおくにぬしのかみ)の国作り神話に登場する案山子(かかし)の名。大国主神に,だれも知らなかった少彦名命(すくなひこなのみこと)の名をおしえたとされる。異形の人は知恵者と信じられていたことをしめす。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くえびこ【久延毘古】

《古事記》にみえる神の名。〈クエ〉は〈崩(く)ゆ〉の連体形で身体の崩れた男を指すと思われ,また案山子(かかし)のことである。大国主(おおくにぬし)神が出雲の御大(みほ)(美保)の岬にいたとき,海上から羅摩(かがみ)の船(ガガイモの船)に乗り,鵝(ひむし)の皮(蛾の皮)の衣服を着た神が近づいた。だれもその神の名を知らなかったが,谷ぐく(ヒキガエル)は〈クエビコなら知っていよう〉と答えた。クエビコに尋ねてみると〈これは神産巣日(かむむすび)神の御子,少名毘古那(すくなびこな)神(少彦名命)です〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くえびこ【久延毘古】

古事記神話で、海上より寄り来る少彦名神すくなびこなのかみの名を顕した神。案山子かかしのことという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久延毘古
くえびこ

(1)日本神話の神。『古事記』で、海上を寄り来る神の名がわからなかったとき、大国主命(おおくにぬしのみこと)に、それは少彦名命(すくなひこなのみこと)であると答えた神。山田之曽富騰(やまだのそほど)ともいい、「足は行かねども、尽(ことごと)に天の下の事を知れる神なり」とも語られている。
(2)田に立つ案山子(かかし)のこと。風雨にさらされた姿を崩(く)え彦(びこ)(男)と見立てたものをいう。長野県では旧暦10月10日の刈上(かりあ)げ祭を「案山子ひき」といい、案山子に餅(もち)などを供え田の神を山に送るが、案山子は稲の生育を見守る田の神の依代(よりしろ)である。その一本足も、男根をもって象徴される隻脚(せっきゃく)王シバの坐法(ざほう)であり、地母を身ごもらせる呪法(じゅほう)かといわれる。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久延毘古の言及

【案山子】より

…かかしはまた神の依代そのものでもあった。《古事記》ではかかしは〈久延毘古(くえびこ)〉の神であるとされる。かかしを田の神の依代としてまつる民俗例もある。…

※「久延毘古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久延毘古の関連キーワード古訓古事記天之水分神宇都志日金析命大国魂神面足尊惶根尊櫛明玉神速秋津比売神活樴尊角樴尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久延毘古の関連情報