コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松氏 ひさまつうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久松氏
ひさまつうじ

菅原氏の子孫で,室町時代,尾張守護斯波 (しば) 氏に属し,道定のとき久松氏を称したという。戦国時代俊勝のとき,初め織田氏に属したが,俊勝が徳川家康の母伝通院を妻としたことから徳川氏に属し,松平姓を称した。定勝のとき,関ヶ原の戦い後,遠江掛川3万石に封じられ,次いで伊勢桑名に移った。その第2子定行は寛永 12 (1635) 年伊予松山 15万石に封じられた。明治になって姓を久松に復し,伯爵。定勝の3男定綱の系統は伊勢桑名松平氏,5男定房の系統は伊予今治松平氏,俊勝の次男康俊の系統は下総多古松平氏を興し,いずれも明治になって久松姓に復し,子爵に叙せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひさまつうじ【久松氏】

近世大名。家伝によれば菅原道真を元祖とし,久松氏を称し尾張国知多郡阿古居郷の領主であったが,徳川家康の母於大の方(伝通院)が俊勝と再婚したことによって徳川氏の一族となり,家康の異父弟にあたる康元,勝俊,定勝は松平の称号を与えられた。松平康元は三河国西郡城,駿河国沼津城に住し,後北条氏滅亡後の小田原城を守衛,徳川氏の関東入部後,下総国関宿4万石を領した。1702年(元禄15)忠充のとき改易され,子孫は旗本となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久松氏
ひさまつうじ

伊予国松山藩主。天正(てんしょう)年間(1573~1592)、三河国松平氏の家臣久松俊勝(としかつ)(定俊(さだとし)、1560―1624)が刈屋城主水野忠政(ただまさ)の女(むすめ)(於大の方(おだいのかた)、伝通院(でんずういん))と結婚、康元(やすもと)、勝俊(かつとし)(康俊(やすとし))、定勝(さだかつ)が生れた。伝通院は先夫松平広忠(ひろただ)との間に家康を産んでおり、徳川家康と久松定勝(1560―1624)は異父兄弟にあたり、松平姓の使用を許された。定勝は遠江国(とおとうみのくに)掛川城主を経て伊勢国桑名城主となり、子の定行(さだゆき)が1635年(寛永12)松山藩(伊予国)15万石に封(ほう)ぜられ、親藩(家門)として維新まで存続。定行の弟定綱(さだつな)は桑名藩11万石(譜代)、同定房(さだふさ)は伊予国今治藩(いまばりはん)3万石(家門)に封ぜられ、定勝の兄勝俊4代の孫勝以(かつゆき)は下総国(しもうさのくに)多古藩主となった。[三好昌文]
『『愛媛県史 通史編 近世・上』(1986) ▽『松山市史』第2巻(1993) ▽『松山市史料集 2~8巻』(1983~87)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の久松氏の言及

【大名】より

…徳川系大名は徳川氏の一門,家臣から近世大名に取り立てられたもので,さらに親藩譜代大名に分かれる。親藩には尾張,紀伊,水戸の三家および田安,一橋,清水の三卿をはじめ,越前,松江,高松,会津の各松平および久松氏ら,譜代大名には井伊,酒井,本多,榊原,大久保,土井,水野,戸田,小笠原,牧野,内藤,稲葉,久世,堀田,阿部,柳沢,間部,田沼氏らおよび家康以前に分かれた傍系松平一族がある。関東から東海,畿内にかけての中央地帯に多く,5万石以下の小大名が多い。…

※「久松氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

久松氏の関連キーワード松山城[愛媛]松平定信墓京都(市)松山[市]愛媛(県)関宿藩高田藩刈谷藩今治城下妻藩松山城大垣藩桑名藩長島藩今治藩小諸藩白河藩菅原淀藩

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android