コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松氏 ひさまつうじ

3件 の用語解説(久松氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久松氏
ひさまつうじ

菅原氏の子孫で,室町時代,尾張守護斯波 (しば) 氏に属し,道定のとき久松氏を称したという。戦国時代俊勝のとき,初め織田氏に属したが,俊勝が徳川家康の母伝通院を妻としたことから徳川氏に属し,松平姓を称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひさまつうじ【久松氏】

近世大名。家伝によれば菅原道真を元祖とし,久松氏を称し尾張国知多郡阿古居郷の領主であったが,徳川家康の母於大の方(伝通院)が俊勝と再婚したことによって徳川氏の一族となり,家康の異父弟にあたる康元,勝俊,定勝は松平の称号を与えられた。松平康元は三河国西郡城,駿河国沼津城に住し,後北条氏滅亡後の小田原城を守衛,徳川氏の関東入部後,下総国関宿4万石を領した。1702年(元禄15)忠充のとき改易され,子孫は旗本となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久松氏
ひさまつうじ

伊予国松山藩主。天正(てんしょう)年間(1573~1592)、三河国松平氏の家臣久松俊勝(としかつ)(定俊(さだとし)、1560―1624)が刈屋城主水野忠政(ただまさ)の女(むすめ)(於大の方(おだいのかた)、伝通院(でんずういん))と結婚、康元(やすもと)、勝俊(かつとし)(康俊(やすとし))、定勝(さだかつ)が生れた。伝通院は先夫松平広忠(ひろただ)との間に家康を産んでおり、徳川家康と久松定勝(1560―1624)は異父兄弟にあたり、松平姓の使用を許された。定勝は遠江国(とおとうみのくに)掛川城主を経て伊勢国桑名城主となり、子の定行(さだゆき)が1635年(寛永12)松山藩(伊予国)15万石に封(ほう)ぜられ、親藩(家門)として維新まで存続。定行の弟定綱(さだつな)は桑名藩11万石(譜代)、同定房(さだふさ)は伊予国今治藩(いまばりはん)3万石(家門)に封ぜられ、定勝の兄勝俊4代の孫勝以(かつゆき)は下総国(しもうさのくに)多古藩主となった。[三好昌文]
『『愛媛県史 通史編 近世・上』(1986) ▽『松山市史』第2巻(1993) ▽『松山市史料集 2~8巻』(1983~87)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久松氏の言及

【大名】より

…徳川系大名は徳川氏の一門,家臣から近世大名に取り立てられたもので,さらに親藩譜代大名に分かれる。親藩には尾張,紀伊,水戸の三家および田安,一橋,清水の三卿をはじめ,越前,松江,高松,会津の各松平および久松氏ら,譜代大名には井伊,酒井,本多,榊原,大久保,土井,水野,戸田,小笠原,牧野,内藤,稲葉,久世,堀田,阿部,柳沢,間部,田沼氏らおよび家康以前に分かれた傍系松平一族がある。関東から東海,畿内にかけての中央地帯に多く,5万石以下の小大名が多い。…

※「久松氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久松氏の関連キーワード梅王丸菅家菅公桜丸菅原聖廟天神様菅原道真妻左座太郎近世大名

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久松氏の関連情報