コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米部 くめべ

3件 の用語解説(久米部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久米部
くめべ

古代の部民の一つ。伴造久米直 (くめのあたえ) に率いられ大伴氏の支配下で軍事や宮廷の警衛を司った部。畝傍山以西の川辺や難波来目邑などに居住し,平常は集団的農耕に従事した。『日本書紀』にある久米歌は,この部が宮廷の儀式に奉仕したときの歌謡である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くめ‐べ【久部/来目部】

古代の部の一。朝廷の宮門の警衛を担当した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久米部
くめべ

来目部とも書く。大和(やまと)政権下の軍事的職業部の一つ。中国・四国地方に多く東国には少ない。統率者(伴造(とものみやつこ))は久米直(くめのあたい)であるが、『古事記』以外の古文献はみな大伴連(おおとものむらじ)をさらにその上級の伴造とする。大伴部が西国に遅れて大和政権下に入った東国に多い事実からすれば、衰えつつあった久米直と久米部がある時期同時に大伴氏の配下に置かれたとも考えられる。記紀の久米歌(くめうた)は久米部の出陣・戦勝にあたっての歌謡で、のちに宮廷芸能となったものである。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久米部の関連キーワード久米の佐良山久米島空港くめなん久米の里千葉県成田市久米野岡山県久米郡久米〈町〉久米女郎七掬脛来目部∥久米部

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久米部の関連情報