コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼隆一 くき りゅういち

美術人名辞典の解説

九鬼隆一

枢密顧問官・男爵。兵庫県生。成海と号する。美術行政家・美術奨励家として知られる。昭和6年(1931)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鬼隆一 くき-りゅういち

1852-1931 明治時代の美術行政家。
嘉永(かえい)5年8月7日生まれ。九鬼周造の父。丹波綾部(あやべ)藩(京都府)家老九鬼家の養子。慶応義塾福沢諭吉にまなぶ。文部省にはいり,明治11年パリ万国博に出張して各国の美術事情を視察。帝国博物館の創設につくして22年初代総長となり,古美術の保護につとめた。昭和6年8月18日死去。80歳。摂津三田(兵庫県)出身。本姓は星野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くきりゅういち【九鬼隆一】

1852~1931) 美術行政家。摂津国の人。文部省から宮内省に転ず。帝国博物館初代総長。古美術保存に尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九鬼隆一の関連情報