コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予科練 よかれん

7件 の用語解説(予科練の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予科練
よかれん

旧日本海軍の海軍飛行予科練習生の略。航空機搭乗員の大量養成をねらいとして,1930年霞ヶ浦飛行場 (茨城県) に開設。太平洋戦争末期には特攻隊要員の訓練を行なった。中学4年程度の学力のある者が受験した甲種,高等小学校卒業程度の学力のある者のなかから特に優秀と認められた者を選抜した乙種,下士官のなかから選抜した丙種の3つに分けられ,甲種,乙種の年齢はともに 14~15歳。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

予科練

旧海軍が熟練した搭乗員を育てるため、1930年に予科練教育を始めた。14歳~17歳の少年を全国から試験で選抜した。39年に教育拠点を神奈川県横須賀市から阿見町に移し、戦況の悪化後は大量採用に伴い全国19カ所に教育場所が設けられた。終戦までの15年間で約24万人が入隊し、約1万9千人が戦死したとされる。特攻隊として出撃した者も多かった。

(2015-06-21 朝日新聞 朝刊 茨城・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よか‐れん〔ヨクワ‐〕【予科練】

《「海軍飛行予科練習生」の略称》旧日本海軍で、飛行機搭乗員育成のため、昭和5年(1930)に設けられた制度。14~15歳の少年に約3か年の基礎教育を施した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

予科練【よかれん】

海軍飛行予科練習生の略。旧日本海軍が航空兵養成のため1930年に創設した予科練習生制度による。のち採用資格,修業年限などから甲・乙・乙(特)・丙の4種に区分。練習航空隊予科練習部で普通学,軍事学を修め,次いで飛行練習生として飛行訓練をうけた。
→関連項目阿見[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よかれん【予科練】

海軍飛行予科練習生の略称。海軍は1930年志願兵の兵種の一つとして小学校高等科卒業生を対象に,3年の課程で飛行搭乗員を養成する予科練習生を採用しこれを少年飛行兵と呼んだが,37年2月には飛行予科練習生と改称した。さらに同年5月中等学校4年修了者を1年半の課程で養成する甲種飛行予科練習生(甲飛)制度を新設するとともに,従来の飛行予科練習生を乙種(乙飛)とした。この甲飛,乙飛を総称して予科練という。このほか,40年から発足した海軍兵から選抜された丙種予科練習生(丙飛)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よかれん【予科練】

〔「海軍飛行予科練習生」の略称〕
旧海軍の飛行機搭乗員養成制度。初め横須賀航空隊内に設置されたが、のち茨城県土浦に独立。小学校高等科卒(乙種)、中学四年修了者(甲種)を主とする志願制で、訓練を経て飛行科下士官となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予科練
よかれん

旧日本海軍における航空機搭乗員の養成制度。海軍飛行予科練習生の略称。航空兵力の拡充のため1930年(昭和5)に創設。その後、中学校第4学年第1学期終了程度の者から採用する甲種、高等小学校卒業程度の者から採用する乙種、海軍兵から採用する丙種の3種に区分され、海軍飛行兵の中心的存在となった。練習航空隊としては茨城県土浦(つちうら)の霞ヶ浦(かすみがうら)航空隊が有名であり、その名は予科練の代名詞となった。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の予科練の言及

【少年兵】より

…未成年の少年を兵員として動員するのは,第2次大戦中のナチスによるベルリン防衛少年隊などの例があるが,日本でも太平洋戦争中,各種の少年兵が大量に募集された。すでに海軍は海軍航空本部の設置をうけて,1930年海軍志願兵の兵種の一つとして,飛行予科練習制度(予科練)を採用し,高等小学校卒業程度の少年を3年間教育して少年飛行兵を育成することにした。この予科練制度は37年に拡大・整備され,太平洋戦争中には大規模に募集され,特攻攻撃に動員された。…

※「予科練」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

予科練の関連キーワード海軍飛行予科練習生海兵少年航空兵ノータム阿見町予科練平和記念館雄翔館賀茂海軍衛生学校茨城県稲敷郡阿見町少年兵飛行予科練習生

予科練の関連情報