コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事実たる慣習 じじつたるかんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事実たる慣習
じじつたるかんしゅう

一般社会に存在する慣習であるが,まだ法的拘束力までは認められていない程度の慣習をいう。慣習法とは異なるので法律と同一の効力は有しないが (法例2) ,公序良俗に反しない事実たる慣習は任意法規に優先して解釈の基準となる (民法 92) 。すなわち,当事者間で特別の定めをしていない場合には,公序良俗に反しない限りにおいて,慣習に従って法律行為の内容が解釈され決定されることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じじつたるかんしゅう【事実たる慣習】

法例2条は,公序良俗に反しないことを条件に,法令の規定によってとくに慣習によるべしと定められている場合および法令になんの規定もない事項に限り,〈法律と同一の効力〉を慣習に認めている。これを〈慣習法〉と呼ぶのに対し,民法92条の規定する慣習を〈事実たる慣習〉と呼ぶ。前者が人々の法的確信を伴う慣習であるのに対し,後者はそれを伴わなくともある狭い範囲で事実上行われる慣習であればよいとされる。(1)公の秩序に関せざる規定(任意規定)と異なる慣習(事実たる慣習)がある場合,法律行為の当事者がこれに従うという意思を有するものと認められるとき(ただし,これを文字どおり解すると,任意規定と異なる意思を表示したときはその意思に従うと規定する民法91条と重複するので,この点は〈当事者がとくに慣習を排斥しない限り〉と解釈されている),その慣習は法律行為解釈の基準として適用される(民法92条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

事実たる慣習の関連キーワード普通契約条款

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android