コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靭猿 ウツボザル

デジタル大辞泉の解説

うつぼざる【靭猿】

狂言大名靫(うつぼ)の革にするため、猿引き小猿を要求するが、小の無心なさまに心を打たれて許し、猿引きは礼に猿を舞わす。
歌舞伎舞踊常磐津(ときわず)。本名題「花舞台霞の猿曳(さるひき)」。2世中村重助作詞、5世岸沢式佐作曲。天保9年(1838)江戸市村座初演。狂言「靭猿」の大名を奥女中に、太郎冠者奴(やっこ)にしている。
長唄。明治2年(1869)に2世杵屋勝三郎(きねやかつさぶろう)が作曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

靭猿【うつぼざる】

(1)狂言の曲目。靭の皮にするからサルを貸せと弓矢で迫る大名。抵抗する猿回し。殺されるとも知らぬ可憐なサルにもらい泣きした大名はその命を許し,猿歌につれて舞うサルと同化して興ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

靭猿
うつぼざる

(1)狂言の曲名。大名狂言。太郎冠者(かじゃ)を連れ狩猟に出た大名(シテ)は、途中猿引きに出会うと、靭の皮にしたいから猿(小猿の面を着用)をよこせといい、当然猿引きが断ると、弓に矢をつがえて迫る。やむなく猿引きは、矢傷がつかないように自分が打って殺そうと、猿に因果を含めて杖(つえ)を振り上げるが、猿がその杖をとって舟の櫓(ろ)を押す芸をするので、不憫(ふびん)さに、ともに殺されても猿は打てないといって泣き出す。大名ももらい泣きして、猿の命を助ける。猿引きはお礼に猿歌を謡って猿を舞わせ、大名は喜び、扇、小刀から衣服まで脱いで褒美として与え、猿のまねをして楽しむ。前段の緊迫感、中段の愁嘆、後段の明るい笑いと変化に富む秀作。猿歌も見どころ。狂言師の修業は、ことに和泉(いずみ)流では、3~5歳のころ、この小猿から始められることが多い。
(2)常磐津(ときわず)舞踊の曲名。本名題『花舞台霞の猿曳(かすみのさるひき)』。1838年(天保9)市村座初演。4世中村重助(じゅうすけ)作詞、5世岸沢式佐(しきさ)作曲。主役を、主人の代参のための女大名姿で八幡宮(はちまんぐう)に参詣(さんけい)にきた腰元三芳野(みよしの)にするなど十分に歌舞伎(かぶき)舞踊化されており、のどかで晴れやかな気分の漂う曲。
(3)長唄の曲名。1869年(明治2)開曲。2世杵屋勝三郎(きねやかつさぶろう)作曲。隅田河畔の向島(むこうじま)に場面を設定した純演奏曲で、唄では猿引きのクドキ、三味線では猿歌のなかに入る長い合の手(あいのて)が聞きどころ。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

靭猿の関連キーワード野村 又三郎(12代目)野村 万蔵(6代目)野村万之丞(5代)野村萬斎(2世)西川扇蔵(4代)狂言現行曲一覧大蔵 弥右衛門善竹 弥五郎善竹弥五郎二上り新内野村万作西川扇蔵西川流嵩押し野村萬人近い人遠い連ぶ釣狐渇命

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android